TOP > CCC修善寺について > 2012 第1回トレーニングキャンプの様子

2012 第1回トレーニングキャンプの様子

TRAINING CAMP top
2015年 second
2015年 mobile
2015年 first
2014年 second
2014年 mobile
2014年 first
2013年 second
2013年 mobile
2013年 first
2012年 second
2012年 mobile
2012年 girl's
2012年 taiwan
2012年 first
2007年 mobile
2007年 first
2006年 second
2006年 first
2005年 second
2005年 first
2004年

2012 第1回トレーニングキャンプの様子

コンチネンタル・サイクリング・センター・修善寺(以下「CCC修善寺」と略す)は、下記のとお りアジア地域の各国競技連盟(NF)から推薦されたコーチ及び選手を受け入れ、“2012 First Training Camp”を実施いたしましたのでご報告いたします。


1.開催目的

国際自転車競技連合(UCI)提唱のワールド・サイクリング・センター(WCC) 構想の下、アジア地域のサブセンターとして世界で活躍できるアスリートの育成・輩出を包括的にアジア地域において普及促進するためのトレーニングキャ ンプとする。今回は、特に参加者の大部分がユースからジュニアカテゴリーの選手たちによる構成のため、将来的なビジョンに基づき中長期育成計画の下トレーニングプログラム等を展開する。


2.受け入れ期間

平成24年5月29日(火)~6月11日(月)


3.受け入れ人数

        チャイニーズタイペイ  選手 4名 コーチ 2名

        香港チャイナチーム   選手 2名

        インド         選手 3名(6/5 より参加)

        マレーシア       選手 8名 コーチ 2名

        タイ王国        選手 2名

        合計 選手 19名


4.参加国 上記のとおり


5.参加者氏名 別添リストのとおり


6.CCC修善寺スタッフ&コーチ

 総 括       矢島正雄 (CCC修善寺 センター長)

 スタッフ      長井浩行 (CCC修善寺 マネージャー)

           野田尚宏 (CCC修善寺 アシスタントマネジャー&コーチ)

 ヘッドコーチ    加藤 昭 (CCC修善寺 ヘッドコーチ)

 コーチ       萩原重一 (CCC修善寺 コーチ)

 コーチ       宮地一夫 (CCC修善寺 コーチ&メカニック)

 アシスタントコーチ 藤井 寿 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

 アシスタントコーチ 木庭翔吾 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)


7.使用施設

伊豆ベロドローム(屋内250m板張り走路)・北400Mトラック・333Mトラック、登坂走路、測定室(日本競輪学校)、サイテル(宿泊)、会議室・医務室(管理棟)、 振興部事務室・会議室・ミーティングルーム(伊豆ベロドローム内)


8.使用備品

ディスクホイール(前後輪)、スペア車輪、無線機、国旗、ストップウォッチ、 デジタルカメラ、毛布、車両(2tトラック・マイクロバス・振興車)、コンプレッサー、 心拍計、パソコン、プリンター、1/1000 電気計時システム、スターティングブロック、 カウントダウンタイマーシステム、ローラー、事務所機能一式、その他(工具・ギア等)


9.トレーニング内容(プログラムについては別添参照)

今回の参加者については、ユースカテゴリー(15-16 歳)の世代から 27 歳までと幅広い年齢層ではあったものの、メインはジュニアカテゴリー(17-18歳)の選手であった。そ のため、体力及び技術に関しても基礎的なトレーニングを繰り返し行った。また、一度に 5 ヶ国(及び地域)参加という開設以来 2 回目(1回目は 2007 年第1回目のキャンプ)の 最多参加国であった。インドに関しては、事前のビザ発行問題等により 6 月 5 日の合流と なり、最初からのトレーニングにおける流れは経験できなかったが、他の 4 カ国は、日本 競輪学校での台上走行テストによる測定 → その結果によるポジション・バイクセッティ ングの微調整 → ポテンシャル(基礎体力能向上)トレーニング → パワー(筋出力能向 上)トレーニング → 電気計時によるタイムトライアル測定 の流れで行った。本来、ポ テンシャルトレーニングとパワートレーニングについては、約 3 ヶ月スパンで計画を考え るが、各トレーニング方法を実践する事により、その理論を各国へ持ち帰ってほしいこと から、約 2 週間という短い期間の中でそのような流れを当該期間でプログラミングした。 また、前半期は日本ナショナルチームのオリンピック代表合宿と重複してしまったため、 屋外のトラックや登坂走路にてトレーニングを実施したものの、途中から全て「伊豆ベロ ドローム」内にてトレーニングを実施する事ができた。このことは参加者にとっても非常 に喜ばしい事であったと見受けられた。また、毎日のトレーニング終了後には、参加コー チに向けた座学を行い、バイオメカニクスや運動生理学などスポーツ医科学に基づいたト レーニング理論を講習した。総じて、かなり追い込んだトレーニングを実施したことによ り選手の疲労度合は、ピークに達していたため、体調不良及び膝痛者等が発生したが、毎 朝選手に体調管理のために計測させていた起床直後の心拍数と体重によりある程度コン ディションを把握できたいたためそれに合わせたトレーニング内容を実施した。また膝痛 者に対しては、ヘッドコーチによる針治療及びマッサージ(有資格者)により症状を軽減 させ、コンディションに合わせたプログラムを実施したため、ほぼ 1 日で通常のメニュー に復帰を果たした。


10.トレーニング効果

前半期においては、測定終了後ペダリングや乗車フォームの理論に基づいて各参加者修正を実施、効率が良くパフォーマンスを引き出せると判断されるポジション、セッティン グにより基礎的身体能力及び技術を鍛えるためのポテンシャルトレーニングを繰り返し 行った。後半期には、少しギア倍数を上げパワートレーニングを実施した。いずれのトレ ーニングにおいても心拍計を各国の選手に装着してコンディションをチェックするとと もに、各トレーニング目的に合った効率良いプログラムを実施するための指標とした。ま たそのデータは、先で述べたコーチミーティングにて各コーチに説明とともに例示して、 今後のトレーニングの一助となるようフィードバックした。各コーチは、それを選手に食 事や休憩の時間中に説明を実施しているようであった。また、ウェイトトレーニングに関しては、その重要性を説いたものの、今回は時間が限られていること、更に屋内の伊豆ベ ロドロームが大いに利活用できること等の理由から簡単な説明のみにして帰国後継続し て実施するように促した。毎回のトレーニングの前にはストレッチを行ったが、ほとんど の選手が特に股関節が固かったことから、効率よくペダリングができないと判断されたた め、特に念入りにストレッチを実施してその重要性を説くとともに怪我・故障防止の観点 からも柔軟性のある関節の獲得に務めた。

キャンプ終盤の 6 月 9 日及び 6 月 10 日(トレーニング最終日)に伊豆ベロドロームに て電気計時システムによりタイムトライアルを行った(男子 F200m、1km、3 km(Jr.)、4 km(Elite):女子 F200m、500m、2km(Jr.))。その結果、大部分の選手が自己ベスト記録 を更新するに至った。このことから、今回のトレーニングキャンプのトレーニングに関す るプログラムは適切であり、今後の彼らの成長にとっても有益であったと思慮される。


11.今回の対応及び今後の課題

今回のトレーニングキャンプは、5カ国(及び地域)から参加があり選手 19 名、コーチ4名と非常に多くの参加を得て開催ができた。これは、CCC修善寺に対するアジア各国 の信頼の表れであり、ここから多くの優秀なアスリートが排出されている実績に裏打ちさ れた結果であると思慮される。特に、インドから修善寺におけるキャンプへの参加は初め てであった。前回(平成 23 年 11 月)も参加希望があったが、自国内におけるビザ(査証) の発給の遅れにより参加することができなかった。今回についても、同様にトラブルがあったが、こちらから早めの申請を促したこと、現地大使館などへの連絡などの努力により 期の途中からの参加となってしまったが、参加が実現され選手は短い期間であったものの 一生懸命様々なことを学ぼうという姿勢が感じられた。また、参加者の多くが宗教上の理 由から食事に関してかなりの制限が加えられたが、料理を提供していただいた側の努力に より参加者にとっては、トレーニングはもちろん生活面においても満足いくものであった 旨の感想を受けている。また、毎回協力いただいている日本競輪学校での台上走行試験に 関しては、今回も実施していただき、選手へのコーチング時の参考となるようなデータを 得ることができた。今後も、このように多数の参加を集められるようスケジューリングな ど様々な面において配慮した事業展開をしていくこととしたい。また、期の途中で、日本 CSCが運営する「伊豆サイクルスポーツクラブ」とトレーニング場所を共有する事によ り相互に国際交流という素晴らしい機会を設けられたことが非常に有益であったと思わ れる。また、トレーニングとは関係ないが、5月30日(水)に伊豆市役所へ参加者と関係 者により表敬訪問を行った。市長が公務多忙であったため副市長に対応していただき、当該事業のPRに務めた。


12.報告書    別添レポート、写真



2012 The First training camp

Continental Cycling Center Shuzenji (CCC Shuzenji) held “2012 First Training Camp at CCC Shuzneji”, accepted and trained cyclists and coaches in Asia area who recommended by their National Federation.


1. Purpose

The aim of this training camp that we will train participating athletes in this camp will be able to become top riders in the world in the future and promote of cycling in Asia area under the concept of World Cycling Center (WCC) proposed by Union Cycliste Internationale (UCI). In this camp, especially almost participants are youth and junior category, so we train them by training program for middle to long term development plan based on vision in the future.


2. Period

From 29th May to 11th June 2012


3. Participants as appendix list

Total 5 countries and area   19 riders and 4 coaches

        a) Chinese Taipei            4riders and 2 coachesZ

        b) Hong Kong China        2riders

        c) India                          3riders (They joined from 5th June.)

        d) Malaysia                    8 riders and 2 coaches

        e) Thailand                     2 riders


4. CCC Shuzenji coaching staff

        General supervision        MASAO YAJIMA (Superintendent of CCC Shuzenji)

        Staff                              HIROYUKI NAGAI (Manager of CCC Shuzenji)

        Staff and coach              NAOHIRO NODA (Assistant manager of CCC Shuzenji)
        Head coach                   AKIRA KATO (Head coach of CCC Shuzenji)

        Coach                           SHIGEKAZU HAGIHARA (Coach of CCC Shuzenji)
        Coach                           KAZUO MIYACHI (Coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             HISASHI FUJII (Assistant coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             SHOGO KOBA (Assistant coach of CCC Shuzenj)


5. Facilities
Izu Velodrome (Indoor wooden 250m track), North 400m track, 333m track, Uphill course, Cycling sports science laboratory (Keirin school), Cyctel (accommodation), meeting room and medical room (administrator tower), office/conference and meeting room (invelodrome)


6. Items

disk wheels (front and rear), spare wheels (front and rear), transceivers, national flags, stop watches, digital camera and movies, blankets, vehicles ( 2t truck, micro bus, ban), compressor, heart rate monitor, lap top, printer, 1/1000 electric time keeping system, count down timer, rollers, office function, others (equipments, spare parts and so on)


7. Substance of training

We have participating riders in a wide aging range in this camp. However, almost riders of them belong to youth (15-16) or junior (17-18) category age. So, we trained them by basic program for both of physical and skill again and again. Also, we have the most of participating number of countries (5 countries and area) for the second time since we established in 2002 (first time was First Training Camp 2007.) . Regarding Indian team, they joined from 5th June due to issuing problem for their visa. So, they could not have experience flow in our training from first day, but other 4 countries could be given the usual flow in our training camp, test of power and skill of cycling in Keirin school → fine adjustment of position and bike setting based on the results → training for potentiality ( for basic physical abilities) → training for power ( for output power abilities) → time trial by electric time keeping system. Fundamentally, we will consider to do a potentiality and a power training about 3 months span. But we did them during the 2 weeks, because we wanted that participants bring the theories and practice to their home countries. We did training at outdoor tracks and uphill course in the first half of period, because Japan National Team used our indoor velodrome. But we could use the velodrome in the last half. It seemed the participants were very happy to use the wooden indoor velodrome. And we had classroom lectures for participating coaches after every afternoon trainings. We lectured training theories based on sports medical and science. As a whole, fatigues of riders archived the top of peak, so there were deconditioning and painful of knee riders. However, we made riders measured heart rate and body weight of themselves just after wake up in every morning by check of their body condition. So, we knew their body condition in advance, we could make a training program according to their condition. Also, our head coach, Mr. Kato did acupuncture and massage therapy (He has a license of Acupuncture and Moxibustion.) to rider who has painful of knee. She could come back usual training program only 1 day by our suitable program and the therapy.


8. Effect of training

In the first half, we re-adjusted rider's position and bike setting based on the results of the test in Keirin school so that riders could bring out their best performance. They were trained by training program for potential abilities. Continuously, we did power training in the last half by a little heavy gear ratio. In every training, we made wear the heart rate monitor to riders so that we could check their conditions and do the effective training by their heart rate. Also, the data were provided to participating coaches with the explanation for their training in the future by the feedback. We could see that coaches explained the data to their riders at the meal or resting time. And regarding to weight training for cycling, we explained that's importance and theory, but we didn't the practice, because we could use the velodrome all days in the last half and it was very short time in this camp. So, we induced they continue to practice weight training after come back to their home countries.

We did stretching before every training, but almost rider's hip joint were very hard, we considered they could not do effective pedaling by the joint, so riders did stretching closely for increasing of joint flexibility and prevention of injury and failure. All participants tried time trial on 9th and 10th (last day) June at indoor velodrome (Male: F200m, 1km, 3km (Jr.),4km( Elite), Female: F200m, 500m, 2km(Jr.). In the results, almost riders could record own best one. For this reason, we can consider the program of this training camp is fit and beneficial for their growing as cyclist in the future.


9. Our responses in this camp and tasks ahead

We could gather up a lot of participants (19 riders and 4 coaches) from 5 countries and area in this camp. This is the demonstration Asian countries confidence in CCC Shuzenji. We can consider the actual our achievements backed by the authority of the results. Especially, Indian team take part in our training camp at Shuzenji for the first time. Last our training camp in 2011 autumn, they also applied but they could not join us due to the trouble of getting visa in India. In this time, there also was a same problem, they could come to Shuzenji for training by our calling to Japanese Embassy in India, fosterage to apply visa to Cycling Federation of India and so on. So, they joined us in the short term, but they studied with great assiduity. Also, a lot of participants have food restriction for religious reasons, but our chef and staff provided good and suitable meals with their effort. So, we received the impression of participants is very satisfaction both of training and life in Shuzenji. And we could get a cooperation that power and skill test by Keirin School in this camp in each time, too. So, we could get and provide the data for coaching to the riders. We will set up suitable activity schedule so that we can gather up a lot of participants like a in this camp in the future. Also, the participants shared the training place (400m track) with ‘Izu Cycle Sports Club’ organized by Japan Cycle Sports Center, so they and we could have a good opportunity of international exchange with many children to adults riders. Also。 The participants paid Izu-city respects on 30th May. , we went to city hall of Izu-city. Vice mayor of the city met them, because mayor was very busy and did not have time. This is the great PR for our activities.


10.Report    Report and Phote