TOP > CCC修善寺について > 2012 第2回トレーニングキャンプの様子

2012 第2回トレーニングキャンプの様子

TRAINING CAMP top
2015年 second
2015年 mobile
2015年 first
2014年 second
2014年 mobile
2014年 first
2013年 second
2013年 mobile
2013年 first
2012年 second
2012年 mobile
2012年 girl's
2012年 taiwan
2012年 first
2007年 mobile
2007年 first
2006年 second
2006年 first
2005年 second
2005年 first
2004年

2012 第2回トレーニングキャンプの様子

コンチネンタル・サイクリング・センター・修善寺(以下「CCC修善寺」と略す)は、下記のとおりアジア地域の各国競技連盟(NF)から推薦されたコーチ及び選手を受け入れ、“2012 Second Training Camp”を実施いたしましたのでご報告いたします。


1.開催目的

国際自転車競技連合(UCI)提唱のワールド・サイクリング・センター(WCC)構想の下、アジア地域のサブセンターとして世界で活躍できるアスリートの育成・輩出を包括的に普及促進するためのトレーニングキャンプとする。今回、1名はエリートであり年齢も20代後半であることから、将来指導者となり母国及び周辺各国にて競技の普及に貢献してもらえる人材の育成を目的に、また、他2名に関しては、まだ競技歴が浅いことから、基本的なトレーニング内容により、将来世界でも活躍できるようなタレント育成に主眼を置いたトレーニングキャンプとする。


2.受け入れ期間

平成25年1月11日(金)~1月24日(木)


3.受け入れ人数

        香港チャイナチーム   選手 2名

        シンガポール      選手 1名        合計 選手 3名


4.参加国 上記のとおり


5.参加者氏名 別添リストのとおり


6.CCC修善寺スタッフ&コーチ

 総 括       矢島正雄 (CCC修善寺 センター長)

 スタッフ      長井浩行 (CCC修善寺 マネージャー)

           野田尚宏 (CCC修善寺 アシスタントマネジャー&コーチ)

 ヘッドコーチ    加藤 昭 (CCC修善寺 ヘッドコーチ)

 コーチ       萩原重一 (CCC修善寺 コーチ)

 コーチ       宮地一夫 (CCC修善寺 コーチ&メカニック)

 アシスタントコーチ 藤井 寿 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

 アシスタントコーチ 木庭翔吾 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)


7.使用施設

伊豆ベロドローム(屋内250m板張り走路)・北400Mトラック・333Mトラック、登坂走路、測定室(日本競輪学校)、サイテル(宿泊)、会議室・医務室(管理棟)、 振興部事務室・会議室・ミーティングルーム(伊豆ベロドローム内)


8.使用備品

ディスクホイール(前後輪)、スペア車輪、無線機、国旗、ストップウォッチ、 デジタルカメラ、毛布、車両(2tトラック・マイクロバス・振興車)、コンプレッサー、 心拍計、パソコン、プリンター、1/1000 電気計時システム、スターティングブロック、 カウントダウンタイマーシステム、ローラー、事務所機能一式、その他(工具・ギア等)


9.トレーニング内容(プログラムについては別添参照)

  今回は、第1回(2012年5-6月開催)と違い、2カ国から3名の選手と少数精鋭のトレーニングキャンプとなった。香港チャイナの選手は、自転車競技歴が浅い2名であった。一方、シンガポールは自国内に競技場を有さないため、普段はロードトレーニング中心で、トラックのトレーニングに関しては、オーストラリアのメルボルンと、マレーシアのクアラルンプールを拠点としてトレーニングを実施しているとのことであった。3名の選手であったため、1名あたりの指導に関われる時間を多くとることができ、それぞれの特徴に対してより個別性の高い指導ができた。またそれに対して、我々も現場の総括、自転車トレーニング、フィジカルトレーニング、データ処理及び分析等、現在のトップスポーツ界では常識となっている、いわゆる専門分野スタッフの分業制がチームとしてなされたキャンプであった。今回は、開始時が連休と重なってしまったため、測定がトレーニング開始4日目となった。その間、コーチ陣によりおおよその選手の癖や特徴をチェックしておき、測定のデータと照らし合わせながら、彼らのバイクポジションの修正や、乗車フォーム、ペダリングの説明、矯正を行った。結果、皆それらを良く理解した様子で、効率的な乗り方ができるよう必死に改善を図っていた。前半は、軽いギヤレシオで、回転力及び基礎的身体能力の向上等を目的としたトレーニング、後半期は、ギヤレシオを若干重くして、筋出力、筋神経系の能力向上を狙ったプログラムとした。また、選手からのリクエストもあり、自転車競技に特化したウェイト&フィジカルトレーニング及びコンディショニングも実施した。今回、帯同コーチがいなかったため、選手たちに直接、それぞれのトレーニングの狙いや理論を説明し、また、今までにない寒い時期での開催に加え、全員暑い地域からの参加であったため、消毒用アルコールや、うがい用のカップ、塩等を配布し、うがいを徹底させ、さらに併設する天然温泉施設を有効利用するなどして選手のコンディションには気を配った。

 また今回、トレーニングプログラムは別々であったものの、ナショナルジュニア代表のオーストラリア・ユース・オリンピック・フェスティバル直前合宿や、パラリンピック日本代表合宿などとトレーニング会場を共有したことで広く国際交流が図れた。特筆すべきは、日本サイクルスポーツセンターが昨年度から受け入れている、地元静岡県立伊豆総合高等学校の体育選択科目の授業とタイミングが合ったため、参加者は、トラック競技に関してその高校生(自転車競技部でない生徒)への特別指導も行うことで、相互に有益な国際交流を図ることができた(別添新聞記事参照)。


10.トレーニング効果

 上述のとおり、期の途中において、理論上効率的にパワーの出力・伝導ができると考えられる乗車フォームやペダリングへと修正を実施した。その結果、選手全員納得した様子で、修正を試みていた。他の競技者が走行しているときも、じっと観察して、その都度我々にペダリングに関しての質問をぶつけてくるなど熱心に取り組んでいた。しかしながら、3選手とも、これほど追い込んだプログラムは、普段あまり実施していないことや、慣れない環境下での長期のトレーニングにより、かなりの疲労度合であった。特に、女子選手においては、後半発熱を伴う呼吸器官の不調によりトレーニングを休む場面もあったが、毎日の起床時における安静時心拍と体重を図り(彼女の場合は急激な体重減と安静時心拍の上昇)、体調不全の場合は直ちに申告するように指示したことと日頃の選手の食欲の観察により、その兆候でおおよその予想をつけることができたため、トレーニングの量等により調整を図り深刻なオーバートレーニングを防いだ。彼女も、ぎりぎりまで我慢してハードなトレーニングを試みていたため、かなりダメージが大きかったようである。しかしながら、最終のタイム計測に関しては、3選手とも元気に測定に挑むことができた。シンガポールの選手に関しては、屋内ドームでの板張り走路とはいえ、4kmでは、自身のベストを12秒近く上回るタイムをたたき出すことができたようであり、加えて1㎞タイムトライアルについても自己新記録を更新するなど、そのトレーニング効果を実感できたのではないかと思慮される。香港チャイナの2名に関しても、トレーニング効果を実感できたことが、選手自身のアンケート結果から読み取ることができる(別添アンケート参照)。

 総じて、シンガポールの選手は、競輪学校の測定や、我々の説明に対して常に質問をして、より多くのことを吸収しようと非常に熱心であった。将来的には、シンガポールにおいて指導者の第一人者になることと期待されるが、今回のセッションで獲得した情報を基に、まだまだ続くであろう今後の彼の素晴らしい競技生活に期待したい。また、香港チャイナの2名も、一切手を抜くことなく一生懸命にトレーニングに励んでいた。彼らもまた、このまま有効なトレーニングを重ねていけば、確実にアジアの大会では上位を狙える選手になれると確信した。


11.今回の対応及び今後の課題

 今回、平成24年度の他のスケジュールにより1月の真冬の中の開催という初めての試みを実施した。アジア諸国は、暑い地域が多いため、参加者数は予想が付かない状況であった。しかしながら、3名という少数とはいえ、香港チャイナ(1月は平均約18℃程度)とシンガポール(同平均約35℃以上)から参加してくれたことは、CCC修善寺の存在意義がアジア地域の中で高まっていることは確かである。特に、シンガポールは、2004年の移動サブセンター以来の参加であり、修善寺でのトレーニングキャンプへは初の参加となったことは、アジア地域における自転車競技の普及という、CCC修善寺の大きな目標に対して、非常に意義深いことであると思慮される。前述のとおり、彼の国には自転車競技場を有していないにもかかわらず、競技を学びたいという真摯な姿勢は非常に高く評価するものである。また、香港チャイナに関しても、敢えて若いこれから期待ができる選手を送ってくれることに対して、我々に対する信頼と大きな責任を感じるところであった。このように、CCC修善寺は、今後もアジア地域における自転車競技選手のタレント発掘・育成・強化の3本柱を、優秀なコーチ養成と共に、より柔軟で多角的なアプローチによりその使命を全うしなければならないと強く感じたキャンプであった。


12.参加した感想・意見交換等ディスカッションの内容    別添「トレーニングキャンプに関する感想アンケート」による



2012 The Second training camp

Continental Cycling Center Shuzenji (CCC Shuzenji) held “2012 Second Training Camp at CCC Shuzneji”, accepted and trained cyclists and coaches in Asia area who recommended by their National Federation.


1. Purpose

The aim of this training camp that we will train participating athletes in this camp will be able to become top riders in the world in the future and promote of cycling in Asia area under the concept of World Cycling Center (WCC) proposed by Union Cycliste Internationale (UCI). In this camp, one of the participants belongs elite category, we have a purpose for cultivation as a excellent rider and coach, because we expect that he will become a coach and key person to contribute a promotion for competitive cycling at Singapore and around countries. And other 2 riders don’t have enough experiences of track cycling, so we have an aim of talent-cultivation to train them by basic training program so that they will be able to become good riders in worldwide.


2. Period

From 11th January to 24th January 2013


3. Participants as appendix list

Total  2 countries and area      3riders

        a)Hong Kong China        2riders

        b)Singapore                   1riders


4. CCC Shuzenji coaching staff

        General supervision        MASAO YAJIMA (Superintendent of CCC Shuzenji)

        Staff                              HIROYUKI NAGAI (Manager of CCC Shuzenji)

        Staff and coach              NAOHIRO NODA (Assistant manager of CCC Shuzenji)
        Head coach                   AKIRA KATO (Head coach of CCC Shuzenji)

        Coach                           SHIGEKAZU HAGIHARA (Coach of CCC Shuzenji)
        Coach                           KAZUO MIYACHI (Coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             HISASHI FUJII (Assistant coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             SHOGO KOBA (Assistant coach of CCC Shuzenj)


5. Facilities
Izu Velodrome (Indoor wooden 250m track), North 400m track, 333m track, Uphill course, Cycling sports science laboratory (Keirin school), Cyctel (accommodation), meeting room and medical room (administrator tower), office/conference and meeting room (invelodrome)


6. Items

disk wheels (front and rear), spare wheels (front and rear), transceivers, national flags, stop watches, digital camera and movies, blankets, vehicles ( 2t truck, micro bus, ban), compressor, heart rate monitor, lap top, printer, 1/1000 electric time keeping system, count down timer, rollers, office function, others (equipments, spare parts and so on)


7. Substance of training

In this time, this training camp was ‘the Few and the Proud’ the participants were only 3 riders from 2 countries. 2 HKG riders do not have enough experiences for track cycling. Another participant, Singapore do not have any velodrome in his country, so he usually  trains by road, and he go to Melbourne in Australia or Kuala Lumpure in Malaysia for track training. There were 3 riders, so we could find time for coaching per a rider, so we also could coach to the riders by more high quality coaching of individuality for character of each rider. Japan Keirin School was closed in the first term by consecutive holidays of Japan, so they could be tested their pedaling skills, power and so on by the machine in the School on the 4th day. So, we had checked their habits, characteristics and so on for cycling skill until the test. And then, we adjusted and reformed their bike position, riding form pedaling skill and so on by checking the data. Also, we, coaching staff could work division as team each specialized fields, control (generalization) of training, training by bike, physical training, analysis of data and so on. This team working is the trend in top sports. In the result, all riders understand the matters very well, they tried hard to improve to effective riding form and pedaling. In the first half, the training program was for increasing of cadence and basic physical ability by light gear. In the end of half, it was for increasing of the output of power and neuro-muscle ability by the little bit heavy gear. Also, riders required, we did weight and physical training and conditioning specialized for cycling. We explained the aim and theory for each training to riders directly, because all riders did not have any own coaches in this time. Then, it was held in very cold winter season and they come from hot region, so we provided them surgical alcohol, cup and salt to drive home to gurgles them for prevention of common cold. Also, we used our natural hot spring for their conditioning.     In this time, they shared the velodrome with Japanese National Junior team camp for Australian Youth Olympic Games and Para-cycling Japan National team, but each training programs were different. We think each rider could do a good international exchange. Especially, at the class for physical education of local high school, Izu-sogo high we accepted, our participants directed how to ride the track bike for the school students. It was very nice international exchange for each participant and student (appendix newspaper).


8. Effect of training

 As I noted above, in the half of the camp, we adjusted and reformed their riding form and pedaling skill to more effective one. In the result, all riders understood and tried to adjust by themselves. When other riders did training in the velodrome, they deeply observed the riders and asked us good or not. Our participants are very earnest. However, all riders were very very tired, because we think they did not have any experiences like this a hard training and it was the training camp of long term under the unfamiliar surrounding. In particular, HKG female rider go down and rest the training in a few days of the end of half due to disorder of breathing equipment and fever. But we always checked rider’s heart rate and weight just wake up in every morning ( In her case, her weight was decreasing weight and elevation of her heart rate suddenly), so we could expect the sign of her bad body condition by the data. And we also directed to inform us immediately if they are feeling of unwellness and we checked their appetites every meals. So, we could reduce the volume of training for prevention of excessive over training by the checking. She tried to do the hard training to the utmost limit, so she damaged a lot. But regarding the time trial done on the final day, all riders could try and do their best. Although it was at the wooden surface, Singapore rider could cut down about 12 seconds at 4km individual pursuit, also at 1km, too. We think he can feel the effective of the training by the result. And 2 HKG riders also could feel it, too. Because we can read the fact from their answer of questionnaires (as appendix).
    As a whole, Singapore rider is very earnest, because he always had questions about result of test for pedaling skills and our explanations so that he could absorb more a lot of acknowledges for cycling. In the future, we expect leading person for cycling in Singapore, and we hope his great cycling life in his future by the information he got in this time. Also, 2 HKG riders tried to do their best at our hard training every time. We are sure they also will be able to become great athletes can target the top in Asia, if they can lap over more effective training in the future.


9. Our responses in this camp and tasks ahead

We did fist try to hold training camp in the cold winter season at Shuzenji in January. Almost Asian countries are hot regions, so we could not expect number of the participant. Even in a few number, but both of Hong Kong China and Singapore are hot region took part in this camp. So, we are sure that important of existence of CCC Shuzenji in Asia is increasing. Especially, Singapore had taken part in our training camp only one time in 2004 at Kuala Lumpure in the past, mobile training camp. So, his participation of this time is first time at Shuzenji training camp. It is very meaningful for our big aim, promotion of cycling in Asia. As I noted the above, his country does not have any velodrome, but we esteem his enthusiastic attitude to learn about cycling. Also, regarding Hong Kong China always send many hopeful riders to our training camp every time, so we feel a responsibility for promotion of cycling in Asia. Finally, we also feel that we must execute a mission about discovering a good talent, cultivation and strengthening for Asian riders with training good coaches by flexible and multiple approaches.


10.Participant’s impression and change of opinion and so on    As appendix ‘questionnaire of impression about our training camp’