TOP > CCC修善寺について > 2012ガールズサマーキャンプの様子

2012 ガールズサマーキャンプの様子

TRAINING CAMP top
2015年 second
2015年 mobile
2015年 first
2014年 second
2014年 mobile
2014年 first
2013年 second
2013年 mobile
2013年 first
2012年 second
2012年 mobile
2012年 girl's
2012年 taiwan
2012年 first
2007年 mobile
2007年 first
2006年 second
2006年 first
2005年 second
2005年 first
2004年

2012 ガールズサマーキャンプの様子

コンチネンタル・サイクリンクグセンター・修善寺(以下「CCC修善寺」と略す)は、財団法人JKAから の依頼により「ガールズサマーキャンプ2012(財団法人JKA、財団法人日本自転車競技連盟主催)」 への指導協力を実施いたしましたので、下記のとおりご報告申し上げます。


1.指導協力期間    平成24年8月12日(日)~8月17日(金)


2.指導対象者人数    Bグループ22名(中学生・高校生・自転車競技ビギナー)


3.参加者氏名    別添1リストのとおり


4.CCC修善寺スタッフ&コーチ

 総 括       矢島正雄 (CCC修善寺 センター長)

 スタッフ      長井浩行 (CCC修善寺 マネージャー)

           野田尚宏 (CCC修善寺 アシスタントマネジャー&コーチ)

 ヘッドコーチ    加藤 昭 (CCC修善寺 ヘッドコーチ)

 コーチ       萩原重一 (CCC修善寺 コーチ)

 コーチ       宮地一夫 (CCC修善寺 コーチ&メカニック)

 アシスタントコーチ 藤井 寿 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)


5.使用施設

北400Mトラック・測定室(日本競輪学校)・伊豆ベロドローム(トレーニング時のみの使用施設記載)


6.使用備品

スヘペア車輪、無線機、ストップウォッチ、デジタルカメラ、毛布、 車両(振興車、2tトラック、マイクロバス)、コンプレッサー、心拍計、パソコン、 スターティングブロック、その他(工具・ギア等)


7.トレーニング内容(プログラムについては別添参照)

昨年に引き続き今年も中高校生及び自転車競技のビギナー対象のグループを指導した。また、5泊6日と非常に期間が短いことから、体力面、技術面とも基礎的なカリキュラム によってトレーニングが行われた。基礎的なプログラムではあったものの、基礎体力向上も目指したプログラムであったため参加者にとってはハードなトレーニングになったようである。また、一年で一番暑いこの時期であったこととから体調不良者や既に故障を有する選手がトレーニングを休む場面も見られた。しかしながら、主催者が今回から各グループに女性のトレーナーを配置してくれたため、選手は体調面など男性コーチより話しやすかったようで、深刻なオーバーワークの者は出なかった。また中学生には、これから始まる楽しい自転車競技生活を希望あるものにするため、楽しさを伝えることも忘れずにプログラミングした。一方、ローテーションにより心拍計を装着させてそのデータから有効的なトレーニング方法も分かりやすく説明した。乗車フォームや効率的なペダリングに関しても、一人ひとり写真を撮って自分のフォームをチェックさせながら理想とされるものを説明したところ、皆納得しているようであった。また、現代の若い年代に多く見られる 股関節の固い選手が今回も多かったため、必ずストレッチングは十分に組み込むように心掛けた。


8.トレーニング効果

前述のとおり、これらのレベルの選手たちに必要とされる基礎的な身体能力の向上に重きを置いたインターバルトレーニングを中心に実施して体力向上を図った。また全力てでのダッシュ時には、まだ悪い癖が出てしまうものの、ウォーミングアップ周回などのスローペース時には皆、言われた通りのフォームやペダリングを心がけているようであった。期の途中、雨天により世界基準である250m板張り走路の「伊豆ベロドローム」 でのトレーニングが実現された。最初は恐怖心を隠せなかった選手たちであったが、慣れるに従い外のトラックよりドームでトレーニングしたい旨の希望が多く出るようになった。また併せて、基本的でかつ国際的な競技場の使い方(スローペースはステイヤーライン以上、スプリンターレーンは高速選手が使うゾーン)を簡単に説明した。短い期間であったが、周回トレーンニング時等は、かなり皆フォームやペダリングが改善しているように見受けられた。


9.今回の対応及び今後の課題

今回は、盛夏特有のスコールに何度か見まわれた。しかしながら、全天候型の「伊豆ベロドローム」にてトレーニングできたことで、ある程度当初の計画に沿ったトレーニングができた。また、前述のとおり、女性のトレーナーの存在が選手たちにとっても気軽に相談でき、トレーニングに集中できる良い要因であったと思われる。


10.報告書    別添レポート、写真



2012 Girls Summer Camp

Continental Cycling Center Shuzenji ( CCC Shuzenji ) cooperated to coach the participants who took part in ‘ Girls Summer Camp 2012 ( Japan Keirin Association and Japan Cycling Federation organized this camp. ) ’ . We’d like to report the details.


1. Period    from 12th Aug. 2012 to 17th Aug. 2012


2.Member    B group 22 riders (Junior high, High school students and Beginner of competitive track cycling)


3. Name of participants    as appendix list


4. CCC Shuzenji coaching staff

        General supervision        MASAO YAJIMA (Superintendent of CCC Shuzenji)

        Staff                              HIROYUKI NAGAI (Manager of CCC Shuzenji)

        Staff and coach              NAOHIRO NODA (Assistant manager of CCC Shuzenji)
        Head coach                   AKIRA KATO (Head coach of CCC Shuzenji)

        Coach                           SHIGEKAZU HAGIHARA (Coach of CCC Shuzenji)
        Coach                           KAZUO MIYACHI (Coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             HISASHI FUJII (Assistant coach of CCC Shuzenji)


5. Facilities
North 400 track ・ Physical science room in Japan Keirin School ・ Izu Velodrome I mentioned only the facilities where were used at training.


6. Items

Spare wheels, Transceivers, Stop watches, Digital camera, Blankets, Vehicles ( ban, 2 ton truck, bus), Compressor, Heart rate monitors, PC, starting block,Others (equipments, gears and so on)


7. Substance of training

This year again, we trained the group for junior-high, high-school and beginner of competitive cycling. And it was very short term, so the riders were trained by basic curriculum for physical and skill. But its aim of the program is for increasing of basic physical ability, so it was hard for the participants. Also, this season was hottest in a year,so there were some retired riders who are de-conditioning and disabled who have already any failures in their body before the camp. However, organizer employed a female trainer in each group, so we think participants could talk own condition and so on easier than male coach. In the result, there is no serious over-work rider during the camp. Additionally, we take care of programming for junior high students to enjoy competitive cycling. Because their hopeful cycling life is begins from now. On the other hand, we obligated to make wear heart rate monitor every training to wise up them about effective training by own heart rate data. Of course, we explained and lectured it after training. Also, regarding effective riding form and pedaling, we took some pictures of their riding and explained, lectured ideal form and pedaling with their pictures. We could seem they understand and assent about the matters. In this time, there are many riders who are hard of hip joint, so we certainly programmed stretching in every-training. It tend there are so many young generation like them to hard of hip joint.


8. Effect of training

As I reported above, we did mainly interval training focused on increasing basic physical ability that’s needed young riders like them. And, we saw their bad habit for pedaling and form when they push the pedal to the medal, but when they keep slow-pace at warming-up around, we could seem they take care of own pedaling and form. In the camp, we sometimes used our velodrome ‘ Izu velodrome’ to train by rainy weather. On the first stage, almost of them scared the degree, but they enjoyed the training at the velodrome with habituation bit by bit. They said to hope to be trained at the velodrome. Also, we explained how to use the velodrome basic and international (Slow riders should use over stayer’s line and fast riders should keep sprinter lane.).

This camp was short term but we could seem almost rider’s form and pedaling were improved.


9. Our responses in this camp and tasks ahead

We sometimes experienced squall characteristic midsummer during this camp. However, we could train according to training plan in a measure, because we could use our all-weather velodrome. And as I mentioned above, we think a good cause that riders could concentrate on their training by existence of a female trainer.


10.Report    Report and Phote