TOP > CCC修善寺について > 2013 第1回トレーニングキャンプの様子

2013 第1回トレーニングキャンプの様子

TRAINING CAMP top
2015年 second
2015年 mobile
2015年 first
2014年 second
2014年 mobile
2014年 first
2013年 second
2013年 mobile
2013年 first
2012年 second
2012年 mobile
2012年 girl's
2012年 taiwan
2012年 first
2007年 mobile
2007年 first
2006年 second
2006年 first
2005年 second
2005年 first
2004年

2013 第1回トレーニングキャンプの様子

コンチネンタル・サイクリング・センター・修善寺(以下「CCC修善寺」と略す)は、下記のとお りアジア地域の各国競技連盟(NF)から推薦されたコーチ及び選手を受け入れ、“2013 First Training Camp”を実施いたしましたのでご報告いたします。


1.開催目的

国際自転車競技連合(UCI)提唱のワールド・サイクリング・センター(WCC)構想の下、アジア地域のサブセンターとして世界で活躍できるアスリートの育成・輩出を包括的に普及促進するためのトレーニングキャンプとする。今回の参加者は、主にユース及びジュニアの選手たちによる構成のため、将来的なビジョンに基づき中長期育成計画の下トレーニングプログラム等を展開する。またエリート選手においては、トレーニング理論等を理解してもらい、将来的に幅広い競技者に指導できるコーチの育成という観点も視野に入れたトレーニングキャンプとする。


2.受け入れ期間

平成25年5月26日(日)~6月8日(土)


3.受け入れ人数

        香港チャイナチーム   選手 2名

        シンガポール      選手 2名

        カザフスタン      選手 6名 コーチ 6名(5/30より参加)

        合計          選手 10名 コーチ6名


4.参加国 上記のとおり


5.参加者氏名 別添リストのとおり


6.CCC修善寺スタッフ&コーチ

 総 括       矢島正雄 (CCC修善寺 センター長)

 スタッフ      土屋真人 (CCC修善寺 マネージャー)

           野田尚宏 (CCC修善寺 アシスタントマネジャー&コーチ)

 ヘッドコーチ    加藤 昭 (CCC修善寺 ヘッドコーチ)

 コーチ       萩原重一 (CCC修善寺 コーチ)

 コーチ       宮地一夫 (CCC修善寺 コーチ&メカニック)

 アシスタントコーチ 藤井 寿 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

 アシスタントコーチ 木庭翔吾 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)


7.使用施設

伊豆ベロドローム(屋内250m板張り走路)、ウェイトトレーニング場、測定室(日本競輪学校)、サイテル(宿泊)、会議室・医務室(管理棟)、 振興部事務室・会議室・ミーティングルーム(伊豆ベロドローム内)


8.使用備品

ディスクホイール(前後輪)、スペア車輪、無線機、国旗、ストップウォッチ、 デジタルカメラ、毛布、車両(2tトラック・マイクロバス・振興車)、コンプレッサー、 心拍計、パソコン、プリンター、1/1000 電気計時システム、スターティングブロック、 カウントダウンタイマーシステム、ローラー、事務所機能一式、その他(工具・ギア等)


9.トレーニング内容(プログラムについては別添参照)

今回の参加者は、香港チャイナ、シンガポール、カザフスタンの3ヵ国であり、年齢層もユースカテゴリー(15-16歳)から30歳までと幅が広かった。カザフスタンは国内大会の都合により5月30日の合流となり、他の国の選手とは休息日や日本競輪学校での台上走行テストを同時に行うことができなかった。香港チャイナ及びシンガポールに関しては、トレーニングの開始初日に、日本競輪学校で台上走行テストによる測定を受け、その結果を踏まえて効率的なペダリングや乗車フォームになるようなバイクポジションのセッティングの微調整を行った。その後、再度ペダリングやフォームを写真で確認、それらを意識させながらトレーニングを行った。また、カザフスタンチームに関しては、到着直後の台上走行テスト実施が日程的に困難であったため、ペダリング及びフォームを修正後テスト実施に至った。キャンプ途中、自転車競技には必要であるウェイトトレーニングに関しても、理論を交えながらフォーム固めを中心に実践した。 カザフスタンの帯同コーチ陣には、選手に効率の良いフォームやペダリングを普段から意識させるため、周回中やダッシュ時は選手に対して声を掛けるよう促した。2週間という短い期間であったが、トレーニングに関して前半はポテンシャルトレーニング(基礎体力能向上)、後半はパワートレーニング(筋出力能向上)でプログラミングした。トレーニング後には毎回コーチのためのミーティングを開き、上記の期分け(ピリオダイゼーション)の概念に基づく中長期のトレーニングの組み立て方や画像及び測定結果に基づく効率的な乗車フォーム及びペダリングの説明を行った。カザフスタンのコーチ陣は、特に短距離選手の育成に関する見識を学ぶという目的で来日しているため、多くの質疑応答が繰り広げられた。屋内競技場である「伊豆ベロドローム」を中心としたトレーニング計画であったため、天候に左右されることなく計画通りトレーニングを実施できた。また、毎朝起床直後に選手に対しては体重及び心拍数を計測するよう義務付け、体調管理の指標とし、オーバートレーニングの予防に務めた。


10.トレーニング効果

トレーニング時において選手には心拍計を付けて効率的なトレーニングを実施できるよう心拍管理をしながら実施した。またそのデータと意義についてコーチを通して選手たちにフィードバックを行った。また、関節(特に股関節)における柔軟性の重要性を説明し、ストレッチングを必ず行い、効率的なペダリングスキルの会得を目指した。選手たちは真剣に我々のアドバイスを聞き入れ、かつ実行しているようであった。
その結果、香港チャイナ1名(Mow Ching Yin)及びカザフスタン2名(Lentarev Roman、Keneyev Almas)は1㎞タイムトライアルで自己ベストを更新した(記録に関しては、別添のタイムトライアル記録を参照)。他の選手も自己ベストに近いタイムを出しており、短期間ではあったものの、トレーニング効果が数値で表れたことになる。選手たちは、別添のアンケートからも読み取れるように、効率的な乗車フォームやペダリング、そしてトレーニング方法を理解したようである。また、コーチ陣にとっても、特に短距離におけるトレーニング理論・方法を学ぶことができ、非常に有益なキャンプであったと最終日に口頭での感想をいただいた。今回の参加者は、このトレーニングキャンプにおいて得た見識を帰国後も頭に入れて更にトレーニングを積むことにより、アジア地域での彼らの今後の活躍を期待できるキャンプ実施となった。


11.今回の対応及び今後の課題

今回のトレーニングキャンプは、3カ国から選手10名、コーチ・スタッフ6名と非常に多くの参加を得て開催ができた。カザフスタンチームは2009  First Training Camp at Shuzenji以来の参加となるが、コーチ陣によると今回CCC修善寺のこれまでの指導実績を知り、短距離選手・コーチ・スタッフの強化育成のノウハウを勉強することを目的として参加をしたそうである。食事に関しては、香港チャイナ、シンガポールは日本食を問題無く食べていたが、カザフスタンは全く手をつけないメニューもあった事から、今後キャンプに参加する際はなるべく事前に連絡を密にして情報収集を行い、対応することとしたい。また、日本競輪学校での台上走行テストに関しては、今回も実施にご協力いただき、効率的なペダリングへの修正など、今後の指導に利活用できるデータを提供することができた。今後も、このように多数の参加者を集められるようスケジューリングなど様々な面において熟考した事業展開によりアジア地域の競技発展に寄与していくこととする。


12.参加した感想・意見交換等ディスカッションの内容    別添レポート、写真



2013 The First training camp

Continental Cycling Center Shuzenji (CCC Shuzenji) held “2013 First Training Camp at CCC Shuzneji”, accepted and trained cyclists and coaches in Asia area who recommended by their National Federation.


1. Purpose

The aim of this training camp that we will train participating athletes in this camp will be able to become top riders in the world in the future and promote of cycling in Asia area under the concept of World Cycling Center (WCC) proposed by Union Cycliste Internationale (UCI). In this camp, we will program a training curriculum for middle and long term planning based on future vision. And regarding elite riders, we make learn them a lot of things for cycling ex. sports science, with a view to become a excellent coaches in the future. Also, it’s important with the object of cultivation for coaches.


2. Period

From 26th May to 8th June 2013


3. Participants as appendix list

Total 3 countries and area   10 riders and 6 coaches

        a) Hong Kong China        2 riders

        b) Shingapore                 2 riders

        c) Kazastan                    6 riders ando 6 official / coaches


4. CCC Shuzenji coaching staff

        General supervision        MASAO YAJIMA (Superintendent of CCC Shuzenji)

        Staff                              MASATO TSUCHIYA (Manager of CCC Shuzenji)

        Staff and coach              NAOHIRO NODA (Assistant manager of CCC Shuzenji)
        Head coach                   AKIRA KATO (Head coach of CCC Shuzenji)

        Coach                           SHIGEKAZU HAGIHARA (Coach of CCC Shuzenji)
        Coach                           KAZUO MIYACHI (Coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             HISASHI FUJII (Assistant coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             SHOGO KOBA (Assistant coach of CCC Shuzenj)


5. Facilities
Izu Velodrome (Indoor wooden 250m track), Cycling sports science laboratory (Keirin school), Cyctel (accommodation), weight training room, medical room (administrator tower), office/conference and meeting room (in velodrome)


6. Items

disk wheels (front and rear), spare wheels (front and rear), transceivers, national flags, stop watches, digital camera and movies, blankets, vehicles ( 2t truck, micro bus, ban), compressor, heart rate monitor, lap top, printer, 1/1000 electric time keeping system, count down timer, rollers, office function, others (equipments, spare parts and so on)


7. Substance of training

The participants are from Hong Kong China, Singapore and Kazakhstan in this time. It is wide-ranging about age-bracket from youth (15-16 years old) to 30 years old. Kazakhstan came and joined us on 30th May due to their internal race. So, they could not do the test (pedaling, power and so on) at Japan Keirin School on the same day with HKG and SIN. Regarding HKG and SIN, they did the test on first day of the camp, we arranged their bike setting for effective pedaling and riding form based on their result of the test. After the arrangement, we took the photos of their pedaling and form and confirmed again with them . They were did training with conscious about the good pedaling and form. On the other hand, regarding KAZ, it was difficult to schedule to have the test just after coming to Japan due to the school’s circumstances, so firstly we re-arranged their bike setting for effective pedaling and form. After that, they were conducted to test at the school. In the camp, we conducted theory and practice of weight training for cycling, too. We promoted to attend to riders about pedaling and form by their coaches when riders are doing lap training and dash. 2 weeks was short term, but we programmed potential training (basic physical ability) in the first half and set power training (muscular output power ability) in the last half. We have meeting for participated coaches every after training, we explained about many things for cycling. For example, how to make a middle-long term training program based on the intellection of periodazation, effective pedaling and form based on their result of the test and so on. KAZ coaches came to our center to learn about cultivation for short distance rider, so they have a lot of questions about training on track. The training program has done at Izu velodrome mainly, so we could do the curriculum with the original plan. And we obligated riders must measure heart rate and weight just after waking-up for barometer of their body condition to prevent over training.


8. Effect of training

We made wear heart rate monitor with riders at training so that we could do effective training. We feed back about the data and its signification to riders through their coaches. And we explained the importance of flexibility of joints (especially hip joint) for effective pedaling and do stretching every training. They listened our advices in earnest and carry out. In the result,1 HKG rider (Mow Ching Yin) and 2 KAZ riders (Lentarev Roman nad Keneyev Almas) break own new records (Please turn up appendix result.). Other riders also record near own records, so we can see the outcome of our training by the value. Also, we can think that participants could understand about effective form, pedaling and method of effective training from appendix questionnaires. And KAZ coaches said they could learn a lot of training theory and method, especially short distance, so this camp really was benefited one. We hope their more great success in Asia in the future if they come back to own country and pile up hard training with acknowledges for cycling which they get at this camp.


9. Our responses in this camp and tasks ahead

In this camp, we could get a lot of participants from 3 countries (10 riders and 6 coaching staff). We heard that Kazakhstan team take part in the camp to learn about how to cultivate strong short distance riders and its coaching. Regarding meals, HKG and SIN are no problem about Japanese foods, but KAZ has some uneatable menu, so we should research and get more information in advance so that we can response and provide a comfortable environment to our participants. Then, regarding test for pedaling power and skill at Keirin School, they cooperated with us in this time, too. So, we could provide the useful data for adjustment of effective pedaling. We will also contribute for development of Asian cycling by reflected activities deployment about scheduling and so on so that we can gather more participants.


10.Participant’s impression and change of opinion and so on     Report and Phote

補助事業