TOP > CCC修善寺について > 2014 第1回トレーニングキャンプの様子

2014 第1回トレーニングキャンプの様子

TRAINING CAMP top
2015年 second
2015年 mobile
2015年 first
2014年 second
2014年 mobile
2014年 first
2013年 second
2013年 mobile
2013年 first
2012年 second
2012年 mobile
2012年 girl's
2012年 taiwan
2012年 first
2007年 mobile
2007年 first
2006年 second
2006年 first
2005年 second
2005年 first
2004年

2014 第1回トレーニングキャンプの様子

コンチネンタル・サイクリング・センター・修善寺(以下「CCC修善寺」と略す)は、下記のとお りアジア地域の各国競技連盟(NF)から推薦されたコーチ及び選手を受け入れ、“2014 First Training Camp”を実施いたしましたのでご報告いたします。


1.開催目的

国際自転車競技連合(UCI)提唱のワールド・サイクリング・センタ-(WCC)構想の下、アジア地域のサブセンターとして世界で活躍できるアスリートの育成・輩出を包括的に普及促進するためのトレーニングキャンプとする。今回の参加者はすべてジュニア選手であり、更には修善寺におけるトレーニングキャンプへは初参加であるため、フィジカル・スキル・メンタル面において基礎的なプログラムを実践しつつ、あらゆる機材・備品を利活用して効果を出していくこととしたい。また、彼らの競技人生における長期ビジョンを鑑みたトレーニングセッションとなるように当該キャンプを実践していく。


2.受け入れ期間

平成26年6月27日(金)~7月10日(木)


3.受け入れ人数

        香港チャイナチーム   選手 2名

        タイ王国        選手 2名

        合計          選手 4名


4.参加国 上記のとおり


5.参加者氏名 別添リストのとおり


6.CCC修善寺スタッフ&コーチ

 総 括       土屋真人 (CCC修善寺 ディレクター)

 スタッフ      佐藤和宏 (CCC修善寺 マネージャー)

           野田尚宏 (CCC修善寺 アシスタントマネジャー&コーチ)

 ヘッドコーチ    加藤 昭 (CCC修善寺 ヘッドコーチ)

 アシスタントコーチ 藤井 寿 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

           木庭翔吾 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

           沼部早紀子 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

 ※内部コーチは、ローテーションにより指導業務に執務


7.使用施設

伊豆ベロドローム(屋内250m板張り走路)・北400及び333メートルピスト・ウェイトトレーニング場・測定室(日本競輪学校)、サイテル(宿泊)、 レストラン富士見(昼食)、会議室(管理棟)、振興部事務室


8.使用備品

ディスクホイール(前後輪)、スペア車輪、無線機、国旗、ストップウォッチ、デジタルカメラ、毛布、車両(マイクロバス・振興車)、コンプレッサー、
心拍計、パソコン、プリンター、1/1000電気計時システム、スターティングブロック、カウントダウンタイマーシステム、ローラー、事務所機能一式、その他(工具・ギア等)


9.トレーニング内容(プログラムについては別添参照)

当初、上述の香港チャイナ、タイ王国の他に、カザフスタン、インドからも口頭により参加オファーがあったが、経済的理由など自国の事情により2か国のみの参加となった。更には、タイ王国の参加予定であった選手が、直前に鎖骨を骨折したため、参加できなくなったハプニングもあった。結果、4名全てジュニア選手という参加者構成となり、彼らは全員修善寺でのトレーニングは初めてであった(タイ王国の男子選手は2013年移動サブセンター:於タイ王国・スパンブリに参加)。それゆえに、少人数であるからこそのきめ細かいパーソナル指導を実践することができた。2週間という短い期間であったが、フィジカル並びにスキルに関して基礎的なプログラムに徹した。キャンプ開始3日目には、日本競輪学校測定室において台上走行試験機によるペダリングパワーやスキルを測定、トレーニング時に撮影した選手自身のフォームやペダリングを併せて示唆しながら、効率的と考慮されるフォームやペダリングができる自転車ポジションへの修正を行った。今回は、中期の週末(寛仁親王メモリアルワールドグランプリ:UCIカテゴリー3)及びキャンプ終了直後(ジャパントラックカップ:UCIカテゴリー1&2)に伊豆ベロドロームで国際大会があったため、すべての選手がそれぞれに参加した。週の初めはボリュームのあるインターバル系のプログラムで追い込み、大会直前には、試合ギヤレシオにより調整するというパターンが2週連続で続くというタイトなスケジュールとなったため、プログラミングに苦慮した。しかし、彼らはまだジュニア選手のため、これらの大会出場も良い経験であり、将来の成長を睨んだ一つの通過点・トレーニングとしてポジティブに位置づけ、特に前者の大会では、主催者側の要望もあり、一部選手はエリートカテゴリーで、更には多数の種目への出場をさせた。また、短い期間中であったが、自転車競技には不可欠であるウェイトトレーニングも実施してその重要性を説明、実践した。 期の途中、日本一に何度も輝いた経験を持つバレーボールチームの東レアローズ男子バレーボール部がフィジカル面の強化を目的として自転車を利用したクロストレーニングを実施していたため、会場を共有して相互に国際交流を図ることができた。更には、来日している短期登録の国際競輪選手とも遭遇する機会に恵まれて、様々なトップアスリートと交流することができたことは、参加選手達にとって、とても貴重な経験であったと思慮される。


10.トレーニング効果

今回も、早期段階で日本競輪学校の測定及びライディングフォーム画像の即座のフィードバックにより、バイクポジションの修正を実施した。ボリュームの大きい基礎的なトレーニングプログラムで彼らの疲労はかなりピークに達していたと思慮されるものの、毎朝の心拍及び体重のチェックによるオーバートレーニング予防、そして何よりも参加選手自身の競技・トレーニング対する真面目でひたむきな姿勢により、それぞれ自己新記録や寛仁親王ワールドグランプリでは全員、ジャパントラックカップにおいても数名がメダル獲得に至ることができた。しかし、我々の目的は、今回の大会で結果を出す以上に、彼らが系統だった長期ビジョンに基づくトレーニングにより、将来アスリートとして輝かしい成功を収めることであり、今後も彼らの成長を見守り、そして支援をしていかなければならない。今回の選手たちにとっては、トレーニングはもとより、各大会への国際大会出場も非常に良い経験になったと思慮される。


11.今回の対応及び今後の課題

今回は、国際大会と組み合わせた開催をすることで参加者の増員を狙ったが、結果的に少ない現状であった。これは、時期的な問題に起因しているのか、それとも他に原因があるのかは、今後早急に各国へ聞き取り調査等を実施して改善されなければならない。今後は、伊豆ベロドロームで開催決定された2016年のアジア選手権大会、そして2020年の東京オリンピックに向けて、日本を含めたアジアの自転車競技レベル全体の更なる底上げが必要となってくることは言うまでもない。特に、最近ジュニアやユース層の参加割合が増加している当センターにおいては、東京オリンピックでピークを迎える彼らのようなアスリートの育成は最重要課題であり責務である。またそれによりアジア地域での当センターの必要性、存在意義をさらに高まることが予想できることから、時代の変化に即した柔軟な対応、施策が求められていくこととなる。


12.参加した感想・意見交換等ディスカッションの内容    別添レポート、写真



2014 The First training camp

Continental Cycling Center Shuzenji (CCC Shuzenji) held “2014 First Training Camp at CCC Shuzneji”, accepted and trained cyclists and coaches in Asia area who recommended by their National Federation.


1. Purpose

We should promote of cultivation and turning out of flourished athletes at world-wide events in the future from this camp as Asian cycling training center under the World Cycling Center(WCC) concept propounded by Union Cycliste Internationale(UCI). In this time, all participants are junior and first time to take part in our training camp at Shuzenji Japan. So, we should program to practice basic about physical, skill and mental. We must show the effect of this training camp by utilization of every equipments and implements. We must organize the training session for their cycling life in the future built on long-term vision.


2. Period

From 27th June to 10th July 2014


3. Participants as appendix list

Total 2 countries and area   4 riders

        a) Hong Kong China        2 riders

        b) Thailand                     2 riders


4. CCC Shuzenji coaching staff

        General supervision        MASATO TSUCHIYA (Director of CCC Shuzenji)

        Staff                              KAZUHIRO SATO (Manager of CCC Shuzenji)

        Staff and coach              NAOHIRO NODA (Assistant manager of CCC Shuzenji)
        Head coach                   AKIRA KATO (Head coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             HISASHI FUJII (Assistant coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             SHOGO KOBA (Assistant coach of CCC Shuzenj)

        Assistant coach             SAKIKO NUMABE (Assistant coach of CCC Shuzenj)

        Note) Our coaching staff worked for the camp by rotation except for delegated coaches.


5. Facilities
Izu Velodrome (Indoor wooden 250m track), North 400m track, 333m track, Weight training gym, Cycling sports science laboratory (Keirin school), Cyctel (accommodation), medical room/conference room (administrator tower), office/conference and meeting room (in velodrome)


6. Items

disk wheels (front and rear), spare wheels (front and rear), transceivers, national flags,stop watches, digital camera and movies, blankets, vehicles (microbus, ban), compressor, heart rate monitor, lap top, printer, 1/1000 electric time keeping system, count down timer, rollers, office function, others (equipments, spare parts and so on)


7. Substance of training

At first, in addition to Hong Kong and Thailand, India and Kazakhstan offered to take part in the camp, too. But they could not take part in the camp due to internal own problem (financial problem and so on). So, only 2 countries (HKG&THA) took part in the camp. Additionally, it happened that one THA rider was broken collar born just before come to Japan, too. In that result, all participants are junior athletes, and they are first time to take part in our training camp at Shuzenji/Japan (THA boy took part in our training camp in Thailand/Suphanburi 2013). Therefore, it’s true that’s in a few, we could do personally detailed coaching for them. It was short term for weeks, we contemplated basic programs both of physical and skill. On the 3rd day, riders were measured about pedaling power and skill by bench riding machine test at Japan Keirin School. We re-arranged their bike position to change effective pedaling and form with its result and continuous photos for them. In this time, all riders took part in 2 international races that were held at Izu Velodrome in the camping term. The races are Prince Tomohito Memorial World Grand-Prix (UCI category 3) and Japan Track Cup (UCI category 1&2). At the first of the week, we run on riders by hearty interval training by light gear ratio, and then tapered their condition by competitive gear ratio just before the race at the weekend. It continued for 2 weeks, so it was so tight schedule for riders. We contemplated training program. However, they are still junior category yet, so these participations are good experiences for them, we positively thought it as only one of the pass point and good training. Especially, the organizer of the former race required that a part of the riders take part in the race as elite category and a lot of events. So, we fulfilled the requirement. Also, we teach and practiced about importance of weight training is necessary for cycling during a short term of the camp. During the term, TORAY arrows volleyball team who has a lot of the best title in Japan was done cross-training utilized bicycle for strength of physical under our direction. So, the riders could share the training venue with them and have a good international exchange. Also, the riders could have an opportunity to meet with international famous riders who come to international Keirin in Japan at the training venue, too. We think that’s valuable experience for our riders to have contact with global athletes.


8. Effect of training

We could re-arrange their bike position by the quick feed-back of the result for bench test and continuous photos for riding form in the early stages. We inferred their tiredness reached their peak by hearty basic training programs. But they could record each own best and got some medals at the above described races by their conscientious effort for cycling and prevention of overwork by check of body weight and heart rate in every morning. However, it’s important that our and rider’s goal is their brilliant success as athletes in the future by highly-structured training based on long-term vision than the result in this time, so we must watch for, support and follow their growing in the future. We thought the participation to the races is good experience for these participants as well as our training.


9. Our responses in this camp and tasks ahead

We targeted increasing participants by collaboration with international races, but in terms of results, it was small group. We must research the reason why it was a little, seasonal reason, other reason… and improve the situation in the future. It really needs to become whole bottom up of Asian cycling level including Japan more and more for Asian Championships 2016 at Izu velodrome and Tokyo Olympic Games 2020. Especially, our participant’s ratio of young age, junior or youth, is increasing, so we must cultivate good athletes who will be peak at Tokyo 2020 with excellent coach. It’s the most important task and our responsibility. Therefore, our importance of existence and necessity in Asia will increase more and more, so we will be desired flexible response and enforcement of policy to social changing needs.


10.Participant’s impression and change of opinion and so on     Report and Phote

補助事業