TOP > CCC修善寺について > 2014 第2回トレーニングキャンプの様子

2014 第2回トレーニングキャンプの様子

TRAINING CAMP top
2015年 second
2015年 mobile
2015年 first
2014年 second
2014年 mobile
2014年 first
2013年 second
2013年 mobile
2013年 first
2012年 second
2012年 mobile
2012年 girl's
2012年 taiwan
2012年 first
2007年 mobile
2007年 first
2006年 second
2006年 first
2005年 second
2005年 first
2004年

2014 第2回トレーニングキャンプの様子

コンチネンタル・サイクリング・センター・修善寺(以下「CCC修善寺」と略す)は、下記のとおりアジア地域の各国競技連盟(NF)から推薦されたコーチ及び選手を受け入れ、“2014 Second Training Camp”を実施いたしましたのでご報告いたします。


1.開催目的

 国際自転車競技連合(UCI)提唱のワールド・サイクリング・センタ-(WCC)構想の下、アジア地域のサブセンターとして世界で活躍できるアスリートの育成・輩出を包括的に普及促進するためのトレーニングキャンプとする。今回においても、年々増加傾向にあるジュニアやユース世代の若い参加者が大多数のため、基礎的なトレーニングに主眼を置き、即時的な効果を求めず、長期の育成ビジョンに基づくトレーニングを実施する。


2.受け入れ期間

平成26年12月4日(木)~12月18日(木)

※募集は12月5日(金)~17日(水)であったが、大韓民国選手の富士山静岡空港の利用にあたり、前後一日開催期間を延長した。(募集日程に発着便がなかったため)


3.受け入れ人数

         チャイニーズタイペイ  選手 3名

         香港チャイナチーム   選手 1名

        大韓民国       選手 2名

        シンガポール      選手 1名

        タイ王国        選手 3名

        合計          選手 10名


4.参加国 上記のとおり


5.参加者氏名 別添リストのとおり


6.CCC修善寺スタッフ&コーチ

 総 括       土屋真人 (CCC修善寺 ディレクター)

 スタッフ      佐藤和宏 (CCC修善寺 マネージャー)

           野田尚宏 (CCC修善寺 アシスタントマネジャー&コーチ)

 ヘッドコーチ    加藤 昭 (CCC修善寺 ヘッドコーチ)

 アシスタントコーチ 藤井 寿 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

           木庭翔吾 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

           沼部早紀子 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

 ※内部コーチは、ローテーションにより指導業務に執務


7.使用施設

伊豆ベロドローム(屋内250m板張り走路及び小会議室)・北400及び333メートルピスト・ウェイトトレーニング場・測定室(日本競輪学校)、サイテル(宿泊)、レストラン富士見(昼食)、会議室(管理棟)、振興部事務室


8.使用備品

ディスクホイール(前後輪)、スペア車輪、無線機、国旗、ストップウォッチ、デジタルカメラ、毛布、車両(マイクロバス・振興車・2トントラック)、コンプレッサー、心拍計、パソコン、プリンター、1/1000電気計時システム、スターティングブロック、カウントダウンタイマーシステム、ローラー、事務所機能一式、 その他(工具・ギア等)


9.トレーニング内容(プログラムについては別添参照)

上記の5カ国及び地域に加えて、移動サブセンターに参加していたウズベキスタンからも参加の打診を受けていたが、予算等国内事情により直前にキャンセルとなった。しかしながら、5つの異なる国から参加者を集めることができたのは、CCC修善寺の存在及びトレーニング効果が認められてのことであると確信できた。参加者については、1名のシンガポール選手を除いてジュニア及びユースの若いアスリートであった。従って、トレーニング内容は、基礎をじっくりと反復するプログラムを主体にした。選手にとってはきつい内容となるが、彼らの将来を考慮すれば当然のことである。
トレーニング初日には日本競輪学校のご協力により台上走行試験機によるペダリン グ測定を行い、2日目には室内でのローラートレーニングを実施する中で、併せてコンディション作りに努めた。しかし、暑い気候の国出身の参加者が多く、加えて今年の12月は予想以上に寒さが厳しく、異常気象の中でのトレーニングキャンプとなったため、タイ王国の女性選手は寒さのための頭痛等で2日ほどトレーニングをキャンセル若しくは、ロードバイクによる軽いプログラムとした。そして、3日目の月曜日からは、伊豆ベロドロームで本格的なトレーニングを開始し、中間の木曜日までは、軽いギアレシオでのインターバルトレーニングでボリュームのあるプログラムを実施、リカバリーデイである木曜日を境に、金曜日からは神経に刺激を与えるため多少重いギアレシオによるパワートレーニングで筋出力能を向上させるためのプログラムを実施した。また、最終日及びその前に日には、電気計時システムを利用してタイム測定を実施し、事前に自己ベストタイムの申告をさせて比較をした(後述「トレーニング効果」参照)。 この他、333メートルピストにおいて日本の小学生のトラック体験大会(静岡県自転車競技連盟主催)とコラボレーションし、初めてトラックバイクを体験する子供たちを指導、応援するイベントや、地元伊豆総合高等学校の体育科の授業においてトラック競技を履修する同年代の高校生との国際交流も図り、トレーニング以外においても色々な経験を積ませることができた。


10.トレーニング効果

上述のとおり、今年の12月は例年に比べて異常に寒さが厳しく、選手のみで来ている各国参加者に対しては、体調を崩さないようにトレーニングをすることに苦慮した。そのため、毎朝の体重、心拍チェック、帰室時のうがい及び保温のための浴槽へ体を浸漬するよう指導した結果、タイ王国の女性選手以外は、トレーニングができないほどの体調を崩す者は出なかった。
初日に日本競輪学校における台上走行試験の結果のデータをフィードバックしながら、自身のフォームやペダリングと関連づけてより効率よくパフォーマンスを発揮できると思われるバイクポジションの調整を選手納得の上、実施した。また、トレーニングにおいては必ず心拍計をローテーションで装着して、心拍数を見ながらプログラムをこなし、何故心拍数なのか、何故このインターバル時間なのか等の説明を行い、選手が納得してトレーニングできるように配慮した。
ある選手に聞くところによると、ジュニア選手においても自国ではかなり重いギアを掛けてのトレーニングを実施しているようであるが、ヨーロッパ勢に比べて幼少より自転車に乗る機会が少ないアジア地域の自転車競技事情の背景と運動力学上「パワー=力×スピード」の大原則から、今の時期はまずスピード(ケイデンス能力)を身につけることが優先と考える我々の方針に基づきプログラムを実施した。後半期に少し重いギアレシオを用いたが、試合用ギアレシオにしたのは、タイム測定前日の事である。結果、選手の疲労度はピークにあると思われたものの、数名が自己ベストを上回る記録を出した(表参照)。室内板張り走路という条件を考慮しても、慣れない寒い気象や選手のみでの海外キャンプへの参加というメンタル面、そして疲労度などのマイナス環境を考慮すると、今回のトレーニングプログラムに関しては、彼らの将来にとってもプラスになったと確信できる。
各国NFがジュニアやユースなど、日本では高校生の年代を選手のみで参加させるということは、CCC修善寺に全幅の信頼を寄せている証と言っても過言ではない。彼らが、将来成長するにつれても、このような基礎能力は反復しない限り衰えていくことを理解して基本を大事にトップアスリートへと成長する事を願ってやまない。


11.今回の対応及び今後の課題

今回のトレーニングキャンプについては、直近のキャンプとの期間、室内競技場である伊豆ベロドロームの予約状況などを鑑み、決定したものの、予想以上に寒さが厳しい12月であったため、選手のコンディション維持には苦慮した。
幸い一部の選手を除いては、大きな体調不良は予防できたが、やはり気候も考えた日程調整も今後更に必要となってくると思慮される。また上述のように、トレーニング以外での国際交流や日本文化を知見できるようなプログラムも実施して、メンタルの面でも競技へのモチベーションを上手にコントロールしながら総合的に成長を促す必要性を感じた。
彼らは、まだ若いアスリートであるため、今後様々な経験を通して、体力、技術、人間性の備わった立派なアスリートへと成長するよう今後も彼らの結果等動向を見守っていきたい。


12.参加した感想・意見交換等ディスカッションの内容    別添「トレーニングキャンプに関する感想アンケート」による



2014 The Second training camp

Continental Cycling Center Shuzenji (CCC Shuzenji) held “2014 Second Training Camp at CCC Shuzneji”, accepted and trained cyclists and coaches in Asia area who recommended by their National Federation.


1. Purpose

We should promote of cultivation and turning out of flourished athletes at world-wide events in the future from this camp as Asian cycling training center under the World Cycling Center(WCC) concept propounded by Union Cycliste Internationale(UCI). We focus on basic training based on long term vision of athlete development. We don’t seek quick results, because the almost participants are youth and junior, young athletes.


2. Period

From 4th December (Thu.) to 18th December (Thu.) 2014
The period of application was from 5th to 17th Dec., but Korean riders used Mt.Fuji-Shizuoka international airport, so we expanded 2 days before and after the period. (There is no flight on 5th and 17th Dec. at Shizuoka airport from Inchon (Korea).)


3. Participants as appendix list

  Total      5 countries and area      10 riders
               a) Chinese Taipei             3 riders
               b) Hong Kong China        1 rider
               c) Korea                         2 riders
               d) Singapore                   1 rider
               e) Thailand                      3 riders


4. CCC Shuzenji coaching staff

        General supervision        MASATO TSUCHIYA (Director of CCC Shuzenji)

        Staff                              KAZUHIRO SATO (Manager of CCC Shuzenji)

        Staff and coach              NAOHIRO NODA (Assistant manager of CCC Shuzenji)
        Head coach                   AKIRA KATO (Head coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             HISASHI FUJII (Assistant coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             SHOGO KOBA (Assistant coach of CCC Shuzenj)

        Assistant coach             SAKIKO NUMABE (Assistant coach of CCC Shuzenj)

        Note) Our coaching staff worked for the camp by rotation except for delegated coaches.


5. Facilities
Izu Velodrome (Indoor wooden 250m track), North 400m track, 333m track, Weight training gym, Cycling sports science laboratory (Keirin school),Cyctel (accommodation), medical room/conference room (administrator tower), Restaurant in our center, office/conference and meeting room (in velodrome),


6. Items

disk wheels (front and rear), spare wheels (front and rear), transceivers, national flags,stop watches, digital camera and movies, blankets, vehicles (microbus, ban,2t truck), compressor, heart rate monitor, lap top, printer, 1/1000 electric time keeping system, starting block, count down timer, rollers, office function,others (equipments, spare parts and so on)


7. Substance of training

We received offer to participate in from Uzbekistan where took part in latest Mobile Training Camp at Bangkok added above the 5 countries, but they canceled due to expenses for participation. However, I could feel certain our important of existence and training effect in Asia, because we could gather from 5 different countries and area in this time. Regarding participants, without Singapore rider are young athletes, junior or youth category. Therefore, we focused on basic training matters and its repetition. It’s very hard programs for them, but it is not surprising that we need to grow up for them in the future.
For the first day, we measured their pedaling power and skill by bench test machine under the cooperation by Japan Keirin School. And we trained them by roller at indoor facility at the second day, we adjusted their body condition. However, a lot of them are native from high temperature and humidity countries, additionally, it’s very cold in this December than we expected, so a female Thailand rider had a headache by the cold, she had to cancel training or light program by road bike in a few days. We started full-swing training program since day 3 at Izu Velodrome. We made them interval programs by light gear ratio and high volume, since Thursday (Recovery day) we made them power training programs by heavy gear ratio for increasing of ability of muscular putout. Also, we did time attack by electric time keeping system on final and the day before. Riders made a declaration own personal best time in advance for comparison. (Consultation later discussion [No.8 Effect of training] )

Other, we collaborated with Shizuoka-Pre. Cycling Federation, all riders took part in the event for children to ride track bike first time, our participants taught the children and cheer up to ride track bike at 333m track. Also, our participants exchanged Izu-Sogo High School students who are attended a physical education class for track cycling at Izu Velodorome. They are same generation, so we could make accumulate various experiences for them without cycling training, too.


8. Effect of training

As the above I mentioned, it was very cold than every December in this year, it was hard to be conditioning for riders who are coming to here without own any coach. Therefore, we directed imposition of measuring body weight and heart rate of participants in every morning, gargle when they are coming back to hotel and soak in a bathtub for keep warm. In the result, almost riders without Thailand female rider did not fall sick during the camp.  
We directed to rearrange their bike position to bring up a good performance more effective related with their riding form and pedaling skill with feedback of data of result for bench test machine at Japan Keirin School at the first day. Also, we made wear heart rate monitor for riders in every training by rotation, we trained them by their heart rate, explain why use a heart rate? and why interval time? So that they can be trained with understanding themselves for the meaning of training. One rider said to me junior riders are training with heavy gear ratio in his/her country. But our, CCC’s policy is young rider have to get on cadence ability (speed) firstly than muscular force. Asian riders have experience to ride bicycle less than Europe countries too much. So, we have to consider to make suitable program by the different of cultural back ground for bicycle. ‘Power = Force x Speed’ It ‘s first principle in motion dynamics. So, we think and programmed under our policy that young riders have to get on cadence ability firstly at their generation. We use a little bit heavy gear in the last half during the camp. We admitted to use competitive gear ratio just before the day of time trial session. Because the trial is not official. It is only pass point for their long cycling life from now. We think their tiredness is peak, but some riders recorded own personal best time (table reference). They could record some good result under the not good condition (unaccustomed life and meal of oversea, without own coach, peak of tiredness and so on), so we can feel strongly the training programs is benefit one for them in this time, too. Each national federation send to them only young athletes without own coach is an indication is that NF place complete trust us, CCC Shuzenji. We hope they understand that if they will not repeat like this training for basic ability, it will be decreasing, also hope their growing and step up as athlete to the top with basic training.


9. Our responses in this camp and tasks ahead

Regarding this camp, we considered the period about term of latest camp, schedule of Izu-velodrome and so on. But this December was very cold more than expected. It was hard to be conditioning to keep well for their body. Fortunately, we could almost  prevent serious deconditioning, but we should consider the schedule about climatic impact in the future. Also, as the above I mentioned, we have to promote growth about their humanity by various experiences (international exchange, knowledge for Japanese culture and so on) during the camp by control and keep their motivation for cycling comprehensively.
We will watch for their results from now that they will be growing up to excellent athlete completed strong physical, skill, mentality and humanity through various experience for the future.


10.Participant’s impression and change of opinion and so on    As appendix ‘questionnaire of impression about our training camp’

補助事業