TOP > CCC修善寺について > 2015 第1回トレーニングキャンプの様子

2015 第1回トレーニングキャンプの様子

TRAINING CAMP top
2015年 second
2015年 mobile
2015年 first
2014年 second
2014年 mobile
2014年 first
2013年 second
2013年 mobile
2013年 first
2012年 second
2012年 mobile
2012年 girl's
2012年 taiwan
2012年 first
2007年 mobile
2007年 first
2006年 second
2006年 first
2005年 second
2005年 first
2004年

2015 第1回トレーニングキャンプの様子

コンチネンタル・サイクリング・センター・修善寺(以下「CCC修善寺」と略す)は、下記のとお りアジア地域の各国競技連盟(NF)から推薦されたコーチ及び選手を受け入れ、“2015 First Training Camp”を実施いたしましたのでご報告いたします。


1.開催目的

国際自転車競技連合(UCI)提唱のワールド・サイクリング・センタ-(WCC)構想の下、アジア地域のサブセンターとして世界で活躍できるアスリートの育成・輩出を包括的に普及促進するためのトレーニングキャンプとする。今回も、選手は全てユースからジュニアカテゴリーと若い世代のため、フィジカル及びスキルの面から基礎的なトレーニングを徹底して行うこととする。また、期間途中に日本の同世代の選手を集めて、トレーニングをすることにより国際交流を図りつつ、競技力向上に資することとする。参加する指導者に対しても、トレーニング理論等の啓発を図り、指導者の養成にも努める。


2.受け入れ期間

平成27年6月21日(日)~7月4日(土)


3.受け入れ人数

        香港チャイナチーム   選手 2名

        日本          選手 2名 ※6月26日(金)〜6月28日(日)

        タイ王国        選手 2名、コーチ1名

        合計          選手 6名、コーチ1名


4.参加国 上記のとおり


5.参加者氏名 別添リストのとおり


6.CCC修善寺スタッフ&コーチ

 総 括       土屋真人 (CCC修善寺 ディレクター)

 スタッフ      佐藤和宏 (CCC修善寺 マネージャー)

           野田尚宏 (CCC修善寺 アシスタントマネジャー&コーチ)

 ヘッドコーチ    加藤 昭 (CCC修善寺 ヘッドコーチ)

 アシスタントコーチ 藤井 寿 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

           木庭翔吾 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

           沼部早紀子 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

 ※内部コーチは、ローテーションにより指導業務に執務


7.使用施設

伊豆ベロドローム(屋内250m板張り走路)・北400メートルピスト・ウェイトトレーニング場・測定室(日本競輪学校)、サイテル(宿泊)、 レストラン富士見(昼食)、会議室(管理棟)、事務室・小会議室(伊豆ベロドローム)


8.使用備品

ロードバイク、ディスクホイール(前後輪)、スペア車輪、無線機、国旗、ストップウォッチ、デジタルカメラ、毛布、車両(マイクロバス・振興車・2トントラック)、コンプレッサー、心拍計、パソコン、プリンター、1/1000電気計時システム、スターティングブロック、カウントダウンタイマーシステム、ローラー、事務所機能一式、その他(工具・ギア等)


9.トレーニング内容(プログラムについては別添参照)

今回は、事前申込者のうちタイ王国のコーチ1名、日本の選手1名、そしてウズベキスタンの選手4名・コーチ1名が、それぞれ、体調不良、落車による骨折、国内事情等の理由から直前にキャンセルとなったため、香港チャイナ選手2名、タイ王国選手2名・コーチ1名、そして日本選手2名(6月26日~28日)の参加となった。選手の年齢は15~17才と今回も若かったため、体力及び技術面で基礎的なトレーニングプログラムを実施した。若い選手の機材、特にフレームに関しては、中古品を利用しているため、選手の体格にフィットしておらず、適当と思われるポジションに修正することが困難であったものの、可能な範囲、部品等の交換によりポジション修正を実施した。今回は、少数の選手であったため、それぞれに行き届いた個別性の高い指導ができたと思慮され、トレーニング内容に関してもその目的を説明し、選手たちは良く理解した上でトレーニングに臨んでいるようであった(別添日本人選手のリポート参照)。海外選手に対しては、初日に日本競輪学校の台上走行試験機にて測定、個々のペダリングのパワー発揮の特徴を把握し、その後のポジション調整等に活用した。特に前半期にかなりボリュームのあるトレーニングプログラムを実施したことから、選手たちの疲労はかなりピークに近づいたと予想される。後半期には、香港チャイナの1名が直後のJTCへ出場のため、当該選手に対しては出場種目に適したプログラムを、その他の者には、筋出力能の向上を狙ったトレーニングを実施した。期間最終セッションにおいては、電気計時システムを利用してタイムトライアルを実施、トレーニング効果の評価指標とした。


10.トレーニング効果

トレーニング効果に関して、以下のとおり国別に評価をしていくこととする。

⑴香港チャイナ

ジュニア1名、ユース1名の2名の男子選手の構成であった。2名とも非常にまじめにトレーニングに取り組んでいた。ジュニア選手はキャンプ終了後のJTCにおいてポイントレースとケイリンに出場した。キャンプ前半期に実施したインターバルトレーニング、適正なパイクポジション修正も相まって、ポイントレースにおいては銅メダルを獲得した。一方ユース選手は、大会へ出場できなかったものの、最大心拍数は常に高い値を示し、加速力も認められることから、今後段階的なトレーニングにより「スタミナ」をつけていけば、優秀なアスリートへ成長するポテンシャルを持っていると思慮される。JTCには、同チームのShen Jin Kangヘッドコーチが来所されたので、フレームが体にフィットしていない状況を説明したところ、選手たちが今後成長する段階を踏まえて体にフィットした新しいフレームを与えていくことを明言していた。


⑵日本

高校生(ジュニアカテゴリー)2名の男子選手が参加した。日本ナショナルジュニアチームの強化に抵触しないよう、ナショナルチームには所属しないNF登録選手という条件の下の参加であった。3日間と短い期間であったものの、両選手に対しても、心拍計、連続写真等により可視化されたデータを提示しながら、トレーニングの意図やペダリング、フォームの修正等を説明した。2名とも真剣に聞き入り、トレーニングでは彼らなりに意識しながら実践できていたように思う(別添日本人選手のリポート参照)。また、3日間、同世代の海外自転車競技選手とトレーニング、寝食を共にすることで彼らにとっては、掛けがえのない国際交流経験となったと思慮できる。今後も、段階的に系統だったトレーニングの継続により彼らの成長に期待したい。


⑶タイ王国

男子選手は17才、女子選手は15才といずれも若い選手であった。男子選手については、良好なペダリングの回転力、ダイナミックな下肢の動きを有しており、今後も段階的にトレーニングを積み重ねていけば、かなりの選手に成長すると予想される。女子選手に関しては、昨年の我々の海外キャンプ(タイ王国・バンコク)に参加した選手であったが、普段はバンコクではなく、地方在住のためベロドロームがなく、ロード及びマウンテンバイクのトレーニングをしているとのことであった。トレーニング初日に2回落車をしてかなり怖がっていたものの、段階的な指導により、最終的には、周回、フライング、スタンディングなど他の選手とそん色なくトレーニングを実施できるようになった。また彼女は、バイクをコントロールする能力が優れていると認められ、期間中に記録も非常に伸びた。両選手とも心拍数に関して、常時良い値が認められ、私見ではあるが、その理由として二人とも、ある程度標高の高い地域で生活していることが影響しているように思われた。確定的な理由ではないものの、今後の我々の活動にとっても有益なデータであると思慮される。女性コーチに関しては、2008年北京オリンピックのロード競技に出場経験があり、非常に気配りができるコーチであった。勉強熱心であり、タイ王国のみでなく、香港チャイナの選手のコンディション等もCCC修善寺のコーチングスタッフに報告してくれるなど、未だ現役で活躍中であるものの、コーチとしての資質を十分に持ち合わせており、今後数少ない女性の優秀な指導者になると非常に期待される。


結果的には、キャンプの最終セッションで実施された電気計時システムによるタイムトライアルにおいて、自己ベストタイムが10種目において記録されるに至り(別添自己ベストタイム記録表参照)、また、上述のとおり直後に開催されたJTCにおけるキャンプ生の銅メダル獲得は、2週間のトレーニングプログラムの効果が少なからずあったとものと思慮される。


11.今回の対応及び今後の課題

キャンプ期間中は、選手の体調管理にも細心の注意を払い、起床直後の体重と心拍数の管理を義務付け、トレーニングプログラム作成の一助とした。特に前半期のボリュームのあるトレーニング実施時には、変動がかなりあったため注意深く選手を観察しながらのトレーニングとなった。期間を通して、日本の高校生選手との合同セッションや、ウズベキスタンの直前キャンセルの影響で、特にリカバリーのタイミングに関して熟慮を余儀なくされたものの、参加者への説明やコンディショニングチェックにより良好にトレーニングを遂行できたと思われる。また、昨年同様この時期に日本国内のトップチームである東レアローズ男子バレーボール部が自転車を利用したクロストレーニングを実施していたため、登坂走路や伊豆ベロドロームにおいてトレーニングを共にすることで、お互いにアスリートとしての良い刺激を得ることができ、また良い国際交流を図ることができた。


12.参加した感想・意見交換等ディスカッションの内容    別添レポート、写真



2015 The First training camp

Continental Cycling Center Shuzenji (CCC Shuzenji) held “2015 First Training Camp at CCC Shuzneji”, accepted and trained cyclists and coaches in Asia area who recommended by their National Federation.


1. Purpose

We should promote of cultivation and turning out of flourished athletes at world-wide events in the future from this camp as Asian cycling training center under the World Cycling Center (WCC) concept propounded by Union Cycliste Internationale (UCI). We will carry out to train the trainees by basic training program for physical and skill, because all riders are young junior or youth category in this time, too. Additionally, we will recruit to train Japanese same generations so that they have a good international exchange. We will contribute for promotion of competitive power by this training camp. And we will cultivate coach by enlightenment of training method and so on, too. 


2. Period

 From 21st June (Sun.) to 4th July (Sat.) 2015
   A rider of Hong Kong China still continue to stay there for participation to Japan Track Cup (JTC) .


3. Participants as appendix list

Total 3 countries and area   6 riders and 1coach

        a) Hong Kong China        2 riders

        b) Japan                      2 riders

        b) Thailand                     2 riders and 1coach


4. CCC Shuzenji coaching staff

        General supervision        MASATO TSUCHIYA (Director of CCC Shuzenji)

        Staff                              KAZUHIRO SATO (Manager of CCC Shuzenji)

        Staff and coach              NAOHIRO NODA (Assistant manager of CCC Shuzenji)
        Head coach                   AKIRA KATO (Head coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             HISASHI FUJII (Assistant coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             SHOGO KOBA (Assistant coach of CCC Shuzenj)

        Assistant coach             SAKIKO NUMABE (Assistant coach of CCC Shuzenj)

        Note) Our coaching staff worked for the camp by rotation except for delegated coaches.


5. Facilities
  Izu Velodrome (Indoor wooden 250m track), North 400m track, Weight training gym, Cycling sports science laboratory (Keirin school), Cyctel (accommodation), medical room/conference room (administrator tower), Restaurant in our center (lunch), office/conference and meeting room (in velodrome),


6. Items

Road bike, disk wheels (front and rear), spare wheels (front and rear), transceivers, national flags, stop watches, digital camera and movies, blankets, vehicles (microbus, ban,2t truck), compressor, heart rate monitor, lap top, printer, 1/1000 electric time keeping system, starting block, count down timer, rollers, office function, others (equipments, spare parts and so on)


7. Substance of training

In this time, 1 Thailand coach (feeling of unwellness), 1 female Japanese rider (fracture of born), 4 Uzbekistan riders and 1 coach (domestic internal problem) canceled just before the camp. So, the participants are 2 riders from Hong Kong China, 2 riders and 1 coach from Thailand and 2 riders from Japan (26th to 28th June). All riders are so young from 15 to 17 years old, so we programmed basic training for physical and skill. Regarding their equipments, especially frame is almost secondhand, so that were not fit for their body, it was difficult to arrange the position for fitting their body. But we tried to arrange it by all possible means, change the parts and so on. In this time, the number of riders was fewness, so we could instruct by meticulous individuality coaching to all riders. We also explained the aim of training and riders deeply understood it and practiced training (consultation by appendix report by one Japanese rider). Foreign riders did test by bench machine in Japan Keirin School for individual exertion of pedaling power, skill and so on. We understood an individual characteristic of them and utilized them to arrange their position and coaching. We anticipated that riders reached peak of tiredness, because we trained them by high volume training programs in the first week, especially. In the last half, a HKG rider who take part in JTC just after the camp was trained by suitable program for his events in the cup. Others were trained by the program for increasing of output power of muscle. We did time trial by electric time keeping system at the last session. We put it as evaluation indicator for our training.


8. Effect of training

Regarding effect oftraining, we would like to evaluate as following by each country.

(1)Hong Kong China

They are 1 junior and 1 youth male riders. Both of them made serious efforts of our training. The junior rider took part in Point race and Keirin at JTC was held just after this camp. He got a bronze medal at Point race to combine with interval training in the first week and arrangement of his bike right position. On the other hand, the youth rider could not take part in the cup, but we think he has a potentiality to grow up excellent athlete by phased training for ‘stamina’ in the future. Because he has an acceleration ability and high maximum heart rate. Mr. Shen Jin Kang who is head coach of HKG came to the cup, so we discussed with him about the situation their frame are not fit their body, he said he will give new frame of suitable size by growth of their height.


(2)Japan

2 male high school (junior category) riders participated in the camp. The condition to participation is registered rider by Japan Cycling Federation, but not belong junior national team. Because we think our training should not conflict with the strengthening policy of Japanese junior national team. There were only 3 days for their training, we explained about aim of training, effective pedaling and form with visualization data of heart rate, successive pictures and so on. Both of them listened closely, we seemed they could practice with a conscious awareness of the theory by themselves. Also, they could have an invaluable experience of international exchange by sharing training, eat and sleep together with same generation’s foreign riders for 3 days. We hope they will be growing up by continuation of stepwise and structured training in the future.


(3)Thailand

Both of riders were so young, male is 17 and female is 15 years old. Regarding male rider, he has a good cadence ability and dynamic movement of hip joint, so we expect he will grow up excellent rider by accumulation of stepwise training in the future. For female rider, she participated in our mobile training camp last year (Bangkok Thailand), but she lives in local province, so there is not any velodrome. She is training for road and MTB event usual. She crashed 2 times on the first day, so she scared about 250m velodrome, but she could do training with other riders about lap training, flying and standing by our stepwise instruction. Also, she has a control ability for bike, so her result was increasing exponentially during this camp. Both of them have a good result for heart rate data, in my opinion, both of them live in high sea altitudes in local province in Thailand. It may interact their heart rate. It’s not conclusive reason, but these are valuable data for our activities in the future.  Regarding female coach, she took part in 2008 Beijing Olympic Games for road event and is sensitive to riders as coach. She is eager to learn for cycling and always check the condition for all riders (Thailand, Hong Kong China) and told to us. She is still active rider and has a lot of great success, but also she has enough credential as cycling coach. We can expect she will become a few of excellent female coach for cycling in Asia.

 

In term of results, there are 10 personal best records at time trial by electric time keeping system on the final training session (consulting by appendix enumeration of personal best time sheet). Also, as I mentioned to the above, a bronze medal at JTC by trainee of this camp represent effect of our training program in the 2 weeks.


9. Our responses in this camp and tasks ahead

We exerted extreme caution about body condition of riders during the camp. We obligated to measure heart rate just after wake up in every morning and utilized it for making training program. Especially, their heart rate was fluctuating in a considerable way during the first week, because we trained them by voluminous training. We carefully observed their condition. We needed to deliberate about programming, especially timing of recovery day due to combined session with Japanese young riders and the cancel of Uzbekistan in the last minute. But we could carry out a good training by explanation and conditioning check for riders. Also, as with last year, they could have a good international exchange and get a good stimulation as athlete to share training venue, IZU velodrome and up hill course with TORAY male Volley ball team who is top team in Japan were doing cross training for physical by bicycle.


10.Participant’s impression and change of opinion and so on     Report and Phote

補助事業