TOP > CCC修善寺について > 2016 第1回トレーニングキャンプの様子

2016 第1回トレーニングキャンプの様子

TRAINING CAMP top
2016年 second
2016年 mobile
2016年 first
2015年 second
2015年 mobile
2015年 first
2014年 second
2014年 mobile
2014年 first
2013年 second
2013年 mobile
2013年 first
2012年 second
2012年 mobile
2012年 girl's
2012年 taiwan
2012年 first
2007年 mobile
2007年 first
2006年 second
2006年 first
2005年 second
2005年 first
2004年

2016 第1回トレーニングキャンプの様子

コンチネンタル・サイクリング・センター・修善寺(以下「CCC修善寺」と略す)は、下記のとおりアジア地域の各国競技連盟(NF)から推薦された選手及びコーチを受け入れ、“2016 First Training Camp”を実施したので、ご報告いたします。

1.開催目的 国際自転車競技連合(UCI)提唱のワールド・サイクリング・センタ-(WCC)構想の下、アジア地域のサブセンターとして世界で活躍できるアスリートの育成・輩出を包括的に普及促進するためのトレーニングキャンプとする。今回においても、若い世代の参加者のため、体力、技術、メンタルと長期ビジョンに基き、彼らがエリートになってからのパフォーマンスアップにつながるよう基礎的なトレーニングを実施することとする。

2.受け入れ期間  平成28年6月24日(金)~7月7日(木) 
  ※海外の参加者は引き続きJapan Track Cup(以下JTC、於:伊豆ベロドローム)へ出場した。(7月8日~10日)
  ※日本人に関しては、別添リストのとおり

3.受け入れ人数  香港チャイナ     選手 3名
日本   選手 4名
タイ王国    コーチ1名、選手 2名
合 計   コーチ1名、選手 9名   計 10名

4.参加国     3カ国及び地域 上記のとおり

5.参加者氏名   別添リストのとおり

6.CCC修善寺スタッフ&コーチ
総括        土屋真人 (CCC修善寺 ディレクター)
スタッフ      佐藤和広 (CCC修善寺 マネージャー)
           野田尚宏 (CCC修善寺 アシスタントマネジャー&コーチ)
ヘッドコーチ     加藤昭  (CCC修善寺 ヘッドコーチ) ※外部委託
コーチ 藤井寿 (CCC修善寺 コーチ)
コーチ 木庭翔吾 (CCC修善寺 コーチ)
コーチ  沼部早紀子(CCC修善寺 コーチ)
※内部コーチは、ローテーションにより指導業務に執務

7.使用施設                
  伊豆ベロドローム・ウェイトトレーニング場、サイテル(宿泊)、レストラン富士見(昼食)、会議室(管理棟)、事務室・小会議室(伊豆ベロドローム)

8.使用備品
ロードバイク、ディスクホイール(前後輪)、スペア車輪、無線機、国旗、
ストップウォッチ、デジタルカメラ、毛布、車両(振興車・2トントラック)、
コンプレッサー、心拍計、パソコン、プリンター、1/1000電気計時システム、
スターティングブロック、カウントダウンタイマーシステム、ローラー、
事務所機能一式、その他(工具・ギア等)

9.トレーニング内容(プログラムについては別添参照)
    今回のトレーニングキャンプについては、例年通り若い選手が集まった。海外からは全て17才とジュニアカテゴリーの選手たちであった。日本選手も15才と17才と同年代、またパラサイクリングの選手に関しても、19才ではあったものの、自転車競技経験が約半年とまだ浅い者であった。そのため、体力、技術、メンタルともに、基礎的なトレーニングを心がけた。なぜなら、この時期に基本を重視したトレーニングを行うことにより、エリートに成長した時のパフォーマンスアップの向上率が大幅に期待できるからである。海外からの5選手については、引き続き伊豆ベロドロームで開催されたJTC(7月8日~10日)へ出場した。そのため、前半期には有酸素能力向上や筋肥大を狙ったポテンシャルトレーニング期、中日リカバリーを挟んで、後半筋出力能(神経系活性化)向上を狙ったパワートレーニングを実施して、大会直前にはトレーニングのボリュームをダウンし調整期として、大会へ臨ませた。月や複数週単位でこのようなピリオダイゼーションを実施するのが通常であるが、参加したコーチ及び選手たちへのトレーニングプランの考え方を啓発する意図からこのようなプログラミングとした。また、今回リオデジャネイロ・オリンピック日本代表チームとキャンプ期間が重なったが、ほぼ予定通りのトレーニングプログラムを実施できたことは、同チームの寛大な理解と協力によるところが非常に大きい。なお、オーバートレーニングを防止するために毎朝同じ条件での心拍数と体重測定を義務付け、毎朝チェックするようにした。

10.トレーニング効果  
 選手たちは、ボリュームの大きなトレーニングをこなし、疲労困憊であったものの常に全力でトレーニングに臨んでいた。我々の考え方としては、今現在のタイム、大会成績については、一つの通過点にしかすぎず、それらよりもっと長期的なビジョンの観点から考えてのプログラムとした。すなわち、今回のキャンプにおけるタイムやJTCの結果よりも、トレーニングの目的や方法を覚えてもらうことに注力した。また、今回も日本競輪学校の協力により台上走行試験機により各自のペダリングにおけるデータを得ることができた。通常は、早い段階でデータを取得し、それを基に選手個人が納得したうえで効率の良いペダリングになるよう自転車のポジション調整を行うところであるが、今回は、日程及びトレーニング会場の利用の関係で4日目に測定を実施した。そのため、まずは撮影した各自の連続写真を提示しながら、ペダリングの理論に基づきポジションを修正し、後に測定した台上走行試験機のデータと照らし合わせてその裏付けとした。またウェイトトレーニングに関しても、自転車トレーニングとピリオダイゼーションをリンクさせることにより相乗効果があることの説明も付け加えて実践した。
その結果、キャンプ最終の電気計時システムによるタイムトライアルでは、パーシュー トで4記録、短距離トライアルで5記録の自己新記録を出す選手がいた(別添参照)。また、JTCにおいては、ジュニアカテゴリーの参加者数がかなり少なかったものの、5名全てがメダル獲得するに至った。特にジュニア男子ポイントレースにおいては、男子トレーニング生3名が表彰台を独占した。しかしながら、レース中香港の選手がグループのトップを全く引かず、ポイント周回のみダッシュするという展開があった。香港のコーチはその態度に対して、非常に激怒した。今後は、そのようにレース中の基本的な走り方も指導していかなければならいと思慮される。
日本人選手については、それぞれの参加できる日程が限れていたが、トレーニングの目的や効率的な方法などを説明しながら実践したことで、かなり理解をしてトレーニングに臨めているようであった。彼らの今後の成長が非常に楽しみである。
パラサイクリングの川本選手については、乗車経験半年ということであったが、ウォーミングアップをはじめとしてトレーニングプログラム、ほぼすべて他の選手と同様にこなした。疲労が相当蓄積していたものの、ダッシュ時のスピードがアップしたと思慮される。これでスピードを持続する能力が向上すれば、リオデジャネイロ・パラリンピックにおいても好成績が望めるであろう。
冒頭にも述べたが、我々はこのトレーニングキャンプを一通過点としての捉え方で、将来彼らのパフォーマンス向上のための一助となってくれることを期待して今後の彼らの活躍を見届けていきたい。

11.今回の対応及び今後の課題
     今回も若い世代、しかも香港チャイナについてはジュニア選手のみの参加であったため、トレーニングのみならず海外での慣れない生活面においても、開始4日目までは、我々スタッフが、宿舎に帯同した。期間中かなりの疲労度合であったが、上述のとおり起床時の心拍数、体重測定を義務付けることにより彼らの体調管理に気を配ったことで、過度なオーバートレーニングは避けることができた。リオデジャネイロ・オリンピック日本代表チームや、三島市が実施しているタレント発掘事業「みしまジュニアスポーツアカデミー」のアカデミー生(中学生)などともトレーニング会場等を共有することで彼らにとっても良い刺激となったと思慮される。また、今回特筆すべきは、リオパラリンピック日本代表の川本選手が、参加してトレーニングを実施したことである。今後は、このようにパラサイクリングの選手や指導者を受け入れて全体的に自転車競技のレベルを上げていくことも我々のミッションとなっていくと予想される。

12.参加した感想・意見交換等ディスカッションの内容
    別添「トレーニングキャンプに関する感想アンケート」による
    別添レポート



2016 The First training camp

Continental Cycling Center Shuzenji (CCC Shuzenji) held “2016 First Training Camp at CCC Shuzenji”, accepted and trained cyclists in Asia area who recommended by their National Federation.


1. Purpose
We should promote of cultivation and turning out of flourished athletes at world-wide events in the future from this camp as Asian cycling training center under the World Cycling Center (WCC) concept propounded by Union Cycliste Internationale (UCI). In this time, we accept young generation of athletes, too, so we will train them by training for basic physical, skill and mentality to connect their big success and high-performance in the future based on long term vision.

2. Period
From 24th June (Fri.) to 7th July (Thu.) 2016
Note) HKG and THA continuously stay at Shuzenji to take part in Japan Track Cup (JTC. @Izu Velodrome from 8th to 10th July).
Note) Japanese trainee’s schedule is as appendix name list.

3. Participants as appendix list
Total 3 countries and area 9 riders, 1 coach total 10 particicpants
a) Hong Kong China 3 rider
b) Japan 4 riders
c) Thailand 2 riders, 1 coach

4. CCC Shuzenji coaching staff
General supervision MASATO TSUCHIYA (Director of CCC Shuzenji)
Staff KAZUHIRO SATO (Manager of CCC Shuzenji)
Staff and coach NAOHIRO NODA (Assistant manager of CCC Shuzenji)
Head coach AKIRA KATO (Head coach of CCC Shuzenji)
Coach HISASHI FUJII (Coach of CCC Shuzenji)
Coach SHOGO KOBA (Coach of CCC Shuzenji)
Coach SAKIKO NUMABE (Coach of CCC Shuzenji)
Note) Our coaching staff worked for the camp by rotation except for delegated coaches.

5. Facilities
Izu Velodrome (Indoor wooden 250m track), Weight training gym,
Cyctel (accommodation), Conference room (administrator tower), Restaurant in our center (lunch), office/conference and meeting room (in velodrome)

6. Items
Road bike, disk wheels (front and rear), spare wheels (front and rear), transceivers, national flags, stop watches, digital camera and movies, blankets, vehicles (ban,2t truck), compressor, heart rate monitor, lap top, printer, 1/1000 electric time keeping system, starting block, count down timer, rollers, office function, others (equipments, spare parts and so on)

7. Substance of training (As appendix program)
As usual, young athletes participated in this camp. All riders from oversea are 17 years old, junior category. Japanese trainees are also 15 and 17 years old. And Para-cyclist is 19 years and he has experience of competitive cycling only half year. Therefore, we attended to train them by basic of physical, skill and mentality. Because we consider to expect the rate of increasing of their performance at elite category will be more and more in the future by basic training just now. 5 riders from oversea continuously took part in JTC at Izu Velodrome (8th to 10th July). So, we trained them by potentiality training period for increasing aerobic capacity, enlarged muscle and so on in the first half. The half day was recovery. And in the end of half, the period was set up power training for output muscle power (nerve activity). The volume was down just before JTC for make good condition. Generally, a periodization should be planned by unit of multi-weeks or month, but we think we have to tell to them about the theory, so we planned like this program. Also, our training overlapped using Izu Velodrome with Japan National Rio Olympic team during the term, but they are deeply understanding and cooperating our purpose, so we could do training as scheduled. We would like to appreciate for Japan National team. By the way, we obligated to measure their heart rate and body weight on same condition just after waking-up every morning. And we checked it for prevention of over training.

8. Effect of training
Riders worked voluminous training, so very tired, but they tried to do best for every training. We think it’s not important too much timing and result at just now, now is only a pass point for them. We think and program their training by long term vision for them. Therefore, we focused on they can have purpose and method for training than timing in the camp and result of JTC. Also, riders could be measured data of pedaling skill and power by bench test machine with cooperation of Japan Keirin School in this time, too. They could get own data of pedaling. Usually, we do it at the earlier stage in camp term, and adjust their each bike position for effective pedaling based on the data. But in this time, we did it on day 4 due to training venue and schedule. Therefore, we rearranged bike position based on theory for effective pedaling with providing their successive picture firstly. And then, we corroborated the data of measuring by the machine with collation later. Also, regarding weight training, it’s better to link with periodization for bicycle training to aim about synergetic effect. We explained and practiced about it in weight training.
In the result, some riders recorded 4 own personal best times at pursuit event and 5 records at sprint time trial events by electric time keeping system on final day of the camp (as appendix). At the JTC, it was a few member participants at junior category, but all 5 trainees (HKG and THA) got some medals at the competition. Especially, 3 our trainees monopolized the medals podium at point race. However, HKG male junior rider never leaded the group, he dashed only point lap. HKG’s coach enraged over him for his tactics. Hereafter, we also have to teach basic technique and manner like this, too. Japanese trainees were limited to join the camp’s day due to each their schedule. But we could seem that they could understand and practice training with its purpose and our explanation. We hope and expect their growing up in the future. Mr. Kawamoto who is para-cyclist has an experience of competitive cycling only half year. But he did almost training program with other riders, warming up, dash and so on. He was very tired by our training, but we think his sprint ability is little bit to increase at dash situation. So, if his keeping speed and endurance ability also will be increasing, we can expect his good result at Rio de Janeiro Paralympic Games.
As I referred to the above, we grab the period as just only pass point this training camp, and we would like to follow up their success in the future with expecting their performance up by this camp.

9. Our responses in this camp and tasks ahead
The participants are young generation in this time, too and HKG junior riders come to here without any coach, only riders. So, our staff stayed in the lodge until day4 from first day. Because life in Japan for them is unaccustomed one at the first stage. They were so tired during the camp by our hard training, but we could prevent over training by attention for their body condition to obligate and check their heart rate and body weight for every morning as I referred the above. Also, we think that the share of velodrome with Japan National team for Rio de Janeiro Olympic Games and academy talents who are member of Mishima city’s discovery talent activity for sports a good incentive for our trainees. And, highly important thing in this time is that Mr. Kawamoto who will take part in Rio de Janeiro Paralympic Games 2016 joined our training camp. After this, it should be added our mission for acceptance, training and coaching to Para cyclist like this time as well usual athletes for all level up for cycling.

10. Participant’s impression and change of opinion and so on
As appendix ‘questionnaire of impression about our training camp

    Report

補助事業