TOP > CCC修善寺について

CCC修善寺について

コンチネンタル・サイクリング・センター・修善寺(CCC修善寺)は、国際自転車競技連合(UCI)がスイスのエーグルに設立した「ワールド・サイクリング・センター(WCC)」を拠点とするWCC構想の下、世界の5大陸にある8つのサブセンターの一つとして、日本オリンピック委員会、日本自転車振興会、日本自転車競技連盟のご協力により2002年4月、伊豆にある財団法人日本サイクルスポーツセンターに設置されました。

UCIの提唱するWCC構想とは、エーグルの本部において自転車競技の発展、並びにオリンピック、世界選手権及びワールドカップで活躍できる競技者の育成を目指すものであり、2002年1月から第1期生を受け入れ、日本からも数名の選手がこれに参加しております。サブセンターはその目的を各大陸にて展開するものであり、CCC修善寺はアジア地域を担当しています。

トラック競技、ロード競技、MTB競技など、世界でも類をみない全ての自転車競技施設を保有するサイクルスポーツセンター内のCCC修善寺は、アジア自転車競技連合(ACC)及びACCに加盟するアジア39の国及び地域の自転車競技連盟《NF》に働きかけ、アジア地域における自転車競技の普及、発展、更には、世界レベルのトップアスリートの育成を主眼としてトレーニングキャンプを実施しております。その結果、初年度は8カ国であった参加国数も、年を追うごとに、15、17カ国と増えてきており、その成果は着実に根付いてきています。



The Continental Cycling Center Shuzenji (CCC Shuzenji) was established in the area of the Japan Cycle Sports Center in Izu in April, 2002 as one of 8 sub centers in the 5 continents under the WCC Plan based on the “World Cycling Center” which was established in Aigle of Switzerland by the International Cycling Union (UCI), with the cooperation of Japan Olympic Committee, Japan Keirin Association and Japan Cycling Federation.

The WCC Plan proposed by UCI is aimed for the development of cycling and riders who can compete well in the Olympic Games, World Championships and World Cups at the headquarters in Aigle. Because of this plan, WCC started to invite trainees from January 2002 as the first students and some of Japanese riders participated in the plan. The purpose of the sub centers is to extend this plan in each continent and CCC Shuzenji takes care of the Asian region.

CCC Shuzenji, which possesses the unexampled facilities of cycling such as track, road and MTB, works for Asian Cycling Confederation and the National Federations of 39 Asian countries and area affiliated to ACC and does promote and develop the cycling and have training camps focusing on the nurture of the top athletes.

As a result, the number of participating countries has been increased to 15 to 17 with passing of the years since the number was only 8 in the first year. We have a confidence that our activities and efforts would be rewarded with good results.
TRAINING CAMP top
2015年 second
2015年 mobile
2015年 first
2014年 second
2014年 mobile
2014年 first
2013年 second
2013年 mobile
2013年 first
2012年 second
2012年 mobile
2012年 girl's
2012年 taiwan
2012年 first
2007年 mobile
2007年 first
2006年 second
2006年 first
2005年 second
2005年 first
2004年

2015 第2回トレーニングキャンプの様子

コンチネンタル・サイクリング・センター・修善寺(以下「CCC修善寺」と略す)は、下記のとおりアジア地域の各国競技連盟(NF)から推薦されたコーチ及び選手を受け入れ、“2015 Second Training Camp”を実施いたしましたのでご報告いたします。


1.開催目的

 国際自転車競技連合(UCI)提唱のワールド・サイクリング・センタ-(WCC)構想の下、アジア地域のサブセンターとして世界で活躍できるアスリートの育成・輩出を包括的に普及促進するためのトレーニングキャンプとする。今回、参加選手は14~17才と通常回と比べ、さらに若い世代の選手のため、基礎的体力、技術の習得はもとより、年齢を考慮したプログラムによりオーバートレーニングを防ぐよう注意する。また、期の途中に日本人の高校生(16~17才)も参加するため、お互いにとって良好な国際交流を図れるようなトレーニングキャンプにもする。


2.受け入れ期間

平成27年11月5日(木)~11月18日(木)

※日本人第1ターム 11月 6日(金)~ 8日(日)
  第2ターム 11月13日(金)~15日(日)


3.受け入れ人数

         香港チャイナチーム   選手 1名

         日本          選手 4名(各ターム2名ずつ)

         タイ王国        選手 2名

         合計          選手 7名


4.参加国 上記のとおり


5.参加者氏名 別添リストのとおり


6.CCC修善寺スタッフ&コーチ

 総 括       土屋真人 (CCC修善寺 ディレクター)

 スタッフ      佐藤和宏 (CCC修善寺 マネージャー)

           野田尚宏 (CCC修善寺 アシスタントマネジャー&コーチ)

 ヘッドコーチ    加藤 昭 (CCC修善寺 ヘッドコーチ)

 アシスタントコーチ 藤井 寿 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

           木庭翔吾 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

           沼部早紀子 (CCC修善寺 アシスタントコーチ)

 ※内部コーチは、ローテーションにより指導業務に執務


7.使用施設

伊豆ベロドローム(屋内250m板張り走路及びROOM7)・北400メートルピスト・333メートルピスト・ウェイトトレーニング場、サイテル(宿泊)、レストラン富士見(昼食)、会議室(管理棟)、事務室・小会議室(伊豆ベロドローム)


8.使用備品

ロードバイク、ディスクホイール(前後輪)、スペア車輪、無線機、国旗、ストップウォッチ、デジタルカメラ、毛布、車両(振興車・2トントラック)、コンプレッサー、心拍計、パソコン、プリンター、1/1000電気計時システム、スターティングブロック、カウントダウンタイマーシステム、ローラー、事務所機能一式、その他(工具・ギア等)


9.トレーニング内容(プログラムについては別添参照)

今回は、特に14~17才までと通常よりさらに若いアスリートたちの参加であった。したがって、基礎的な体力及び技術の習得のためのプログラムはもちろんのこと、過負荷な強度によるオーバートレーニングにならないよう注意を払った。また、通常実施する日本競輪学校の台上走行試験機については、同校の入学試験の関係により、今回は実施できなかった。そこで、ヘッドコーチの長年の経験と豊富な指導実績により、各選手のペダリングや乗車フォームの癖を見抜き、効率的なフォームやペダリングに改善するようポジションの調整や指導を行った。外国からの参加選手については、指導者がいずれも帯同せず、選手のみの来日であったため、キャンプ中の生活面においても気を遣った。特に、オーバートレーニング防止と体調チェックのため、毎朝起床直後の心拍及び体重測定は義務付けをした。また、いずれも暑い国からきているため寒さには慣れておらず、上気道感染症防止の点から、消毒用のアルコール及びうがい薬を与えて、手洗いとうがいを徹底して実践するよう指導した。疲労による体力低下は認められたものの、それらの防止策によりこのキャンプ中に大幅に体調を崩す者はいなかった。期間中、2回の週末にそれぞれ日本の高校生選手が参加した。最初はぎこちなかったものの、同年代ということもあり、さまざまな方法によりコミュニケーションをとる姿が散見された。また、8日~12日までは、日本スポーツ振興センターの種目最適型プログラムの参加者たちともトレーニング会場、そして宿泊も共有した。


10.トレーニング効果

トレーニング効果に関して、以下のとおり国別に評価をしていくこととする。

(1)香港チャイナ

ジュニア女子選手1名が参加した。彼女は、本年9-10月にタイ王国・バンコクにおいて開催した当センターの「海外トレーニングキャンプ」にも参加した。いずれも単身での参加であった。これは、今後彼女にとって国際規模の大会で戦ううえで大変貴重な経験となったと推測される。トレーニングに対しては非常にまじめに取り組み、現時点でのハイボリュームなトレーニングが自分自身にとって重要であることは承知しているようであった。だいぶ疲労していたようであったが、今後も効率的かつ段階的なトレーニングを積み重ねて将来香港を代表する選手となってほしい。


(2)日本

日本の学校制度に沿って、期間中の2回の週末(金曜日~日曜日)に募集を行い、男子選手が2名ずつ合計4名が参加した。CCC修善寺のキャンプは今回2回目という選手が1名いた。彼は、前回の我々の指導を意識しているようで、かなり改善が見受けられた。また今回のトレーニング中においても、修正点を常に意識しながらトレーニングしているようであった。初参加の3名についても、非常にまじめに我々の指導を聞きながら、トレーニングに励んでいた。特に、ペダリングやフォームの科学的理論、心拍数を指標としたトレーニングは、彼らにとって新鮮であったように見受けられた。今後も、これらを意識しながらトレーニングに励んで、ぜひ各大会で活躍できるような選手に育成されるよう願う。


(3)タイ王国

14才と15才の男子選手の参加であった。この年齢で、大人の帯同がなく海外へ2週間滞在するという経験は、香港チャイナの選手同様、彼らの将来にとって非常に有益となるであろう。まだ若いので、持参したトラックバイクは、おそらく先輩方の中古であると推測され、2人とも手足が長いこともあり、ポジション調整には限界があった。しかしながら、心拍数や体の使い方などを見ても、将来がとても楽しみな選手たちであった。彼らもまた、発育段階に沿った段階的なトレーニング方法により、順調にアスリートとして育成されることを願う。


11.今回の対応及び今後の課題

特に外国の3名については、若い年齢の選手のみでの渡航ということもあり、当初は緊張していたように見えた。しかし日を追うごとに日本の生活や我々のトレーニングにも慣れ、元気にポジティブにトレーニングに励む姿が印象的であった。キャンプ中間日は、休息日に充て、現在世界ジオパークに認定申請中の伊豆半島の地形の成り立ちを学びに近隣に出掛けるなど、日本の文化に触れる機会も設けた。結果的には、それらが彼らにとっても非常に良いリフレッシュとなり、後半期のトレーニングでは前半に比べて伸び伸びとトレーニングができていたように見受けられた。やはり年齢からみても、上手にリラックスをさせてあげることは、自転車競技のトレーニングにも好影響を与えるため、今後も「休養もトレーニングの一つ」と認識して、リカバリーの内容も熟考したプログラミングであるよう配慮していきたい。各国NFが大人の帯同なしで、このような年齢の参加者を送ってくれることは、CCC修善寺が、トレーニングばかりでなく、大切な選手だけで預けても大丈夫であるという我々のホスピタリティに対する信頼の証明に他ならない。今後も、効果的なトレーニングを実施して無事帰国させるための努力を怠らないようにしていくこととする。


12.参加した感想・意見交換等ディスカッションの内容    別添「トレーニングキャンプに関する感想アンケート」による



2015 The Second training camp

Continental Cycling Center Shuzenji (CCC Shuzenji) held “2015 Second Training Camp at CCC Shuzneji”, accepted and trained cyclists and coaches in Asia area who recommended by their National Federation.


1. Purpose

We should promote of cultivation and turning out of flourished athletes at world-wide events in the future from this camp as Asian cycling training center under the World Cycling Center (WCC) concept propounded by Union Cycliste Internationale (UCI). In this time, the trainees are from 14 to 17 years old. It is very young, so we should  give dare of over training for them by overload training too much. Also, Japanese high school riders participate in the camp during this period, so we must make a good opportunity for them so that they could make a good intenational exchange each them.


2. Period

From 5th  (Thu.) to 18th November (Wed.) 2015
   Japanese riders  The first term  6th (Fri.) to 8th (Sun.) November
                              The second term  13th (Fri.) to 15th (Sun.) Nobvember


3. Participants as appendix list

Total 3 countries and area   7 riders

        a) Hong Kong China        1 riders

        b) Japan                      4 riders

        b) Thailand                     2 riders


4. CCC Shuzenji coaching staff

        General supervision        MASATO TSUCHIYA (Director of CCC Shuzenji)

        Staff                              KAZUHIRO SATO (Manager of CCC Shuzenji)

        Staff and coach              NAOHIRO NODA (Assistant manager of CCC Shuzenji)
        Head coach                   AKIRA KATO (Head coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             HISASHI FUJII (Assistant coach of CCC Shuzenji)

        Assistant coach             SHOGO KOBA (Assistant coach of CCC Shuzenj)

        Assistant coach             SAKIKO NUMABE (Assistant coach of CCC Shuzenj)

        Note) Our coaching staff worked for the camp by rotation except for delegated coaches.


5. Facilities
Izu Velodrome (Indoor wooden 250m track), North 400m track, 333m track,Weight training gym, Cyctel (accommodation), Conference room (administrator tower), Restaurant in our center (lunch), office/conference and meeting room (in velodrome),


6. Items

Road bike, disk wheels (front and rear), spare wheels (front and rear), transceivers, national flags, stop watches, digital camera and movies, blankets, vehicles (microbus, ban,2t truck), compressor, heart rate monitor, lap top, printer, 1/1000 electric time keeping system, starting block, count down timer, rollers, office function, others (equipments, spare parts and so on)


7. Substance of training

In this time, young trainees from 14 to 17 years old trainees participated in the camp. It was so younger than usual. Therefore,we of course trained them by the program for basic physical and skill. Additionally, we gave care of prevention for over training. Also, it could not be measured their pedaling skill and power by bench test machine in Keirin School in this time due to the schedule of their admission examination. However, our head coach, Mr. Kato detected rider’s habits for their pedaling and skill by his long experiences and actual performance as cycling coach, he directed them to arrange their bike position for implovement for pedaling and riding form effectively. The foreing riders came to Japan without any adult (coach), so we gave fare of their life during the camp. Especially, we obligated to measure their heart rate and body weight in every morning just after waking up for check their body condition and prevention of over training. And all trainees come from hot countries, so they unfamiliar with cold weather. We directed to become thorough gargle and washing hands with rubbling alchole and mouthwash for prevention of upper respiratory tract infection (URTI). We understood their weakness of physical fitness by tiredness. But any body did not fall sick drastically. We had 2 sessions to train them with Japnese high school riders in each weeekend. They are same generation, they werte shy around strangers each them at first, but they came out of their shell by little and little each them by various comminucation skill. Also, 3 talents from other sports for cycling shared the training venue and accomodation from 8th to 12th November.


8. Effect of training

Regarding effect oftraining, we would like to evaluate as following by each country.

(1)Hong Kong China

A junior ridre participated in the camp. She also participated in our training camp at Bangkok Thailand in Sep. and Oct., too. She came to both of the camp by only herself. We can guess the experince will be a great for her international race in the future. She tried to be trained so hard and she understand to need like this high volume training at the present day (young age) for her. She was so tired, but we hope that she will become an excellent athlete representative of Hong Kong China in the future by accumulation of effective and phased training step by step.


(2)Japan

We could recruit 2 session during the camp for Japanese trainee in each weekend. Because they have to go to school in weekday. 2 and 2, total 4 riders participated in the camp each session. One of them join us second time. We could see that he is considering our direction and his improvement for pedaling and riding form than previous time. Also, he is always considering adjusting points during this camp, too. Other 3 riders also heard our directions cafully and tried to do tehir best in our training. Especially, we think our training method was a new experience which are a sciencific theory for pedaling and riding form, training by balometer of heart rate and so on. We hope their success to growing up by consious training step by step in the future.


(3)Thailand

They are 14 and 15 years old. The experience for them to stay 2 weeks in foreign country without adlut (coach) will be very valuable for their future as well as HKG rider. They are so young, so their track bikes maybe are secondhands. There is a limit an arrangement position of track bike, bacause their limbs are so long. However, we can expect they will become a good rider in the future by their heart rate data, skill to use own body and so on. We hope they will become an excellent athlete in the future by accumulation of effective and phased training step by step.


9. Our responses in this camp and tasks ahead

Especially, we seemed 3 foreign riders felt nervous at first. But they got confortable about Japanese life style and our training day by day, they tried to do best in our training positively. We programed the rest (recovery) day in the middle day of this camp. We took them around Izu peninsula where to be applying about world geo-park  to set up the opportunity to have some Japnese culture. In the result, it was a good chance to recovery to fresh for them, they could do training freely in the second half. For the young athlete, we should make a program for their reluxation to recovery, it   has a significant positive impact on cycling training. We must take cognizance ‘ Rest is important one of training’ and program it. It demonstrate each NF’s continued  confidence in CCC Shuzenji’s training and hospitality that they send their precious riders without coach only themselves to our training camp. We will try to do effective training and make go back to own country safety in the future, too.


10.Participant’s impression and change of opinion and so on    As appendix ‘questionnaire of impression about our training camp’



補助事業


コーチングスタッフ
センター長 平栁 豊
ディレクター 土屋 真人
マネージャー 佐藤 和広
アシスタントマネージャー 野田 尚宏

コーチ
ヘッドコーチ&UCI公認オリンピックソリダリティコーチ&インストラクター 加藤 昭
コーチ 萩原 重一
コーチ 齋藤 晃一郎
コーチ 野田 尚宏
コーチ 藤井 寿
コーチ 木庭 翔吾
コーチ 沼部 早紀子
コミッセール 横田  恭
コミッセール 森尻 展充



Coaching Staff of CONTINENTAL CYCLING CENTER SHUZENJI
President & Superintendent : Yutaka HIRAYANAGI
Director : Masato TSUCHIYA
Manager : Kazuhiro SATO
Assistant Manager : Naohiro NODA

Coach
Head Coach & Olympic Solidarity Coach & Instructor : Akira KATO
Coach : Shigekazu HAGIHARA
Coach : Koichiro SAITO
Coach : Naohiro NODA
Coach : Hisashi FUJII
Coach : Shogo KOBA
Coach : Sakiko NUMABE
Commissaire : Kyo YOKOTA
Commissaire : Hiromichi MORIJIRI
コンチネンタル・サイクリング・センター・修善寺

〒410-2402 静岡県伊豆市大野1826番地

一般財団法人日本サイクルスポーツセンター 競技振興部

電話 0558-79-0004
FAX 0558-79-0036
Eメールアドレス acccj@csc.or.jp



CONTINENTAL CYCLING CENTER SHUZENJI

1826 OHNO IZU-SHI SHIZUOKA, JAPAN
Post No.410-2402
JAPAN CYCLE SPORTS CENTER

TEL +81-558-79-0004 FAX +81-558-79-0036
E-mail address acccj@csc.or.jp




2012.8 2012ロンドンオリンピックで自転車競技(トラック)ケイリンレースにて、香港チャイナのLEE Wai Sze選手(愛称:Sarah)が銅メダルを獲得しました。LEE選手は16歳の時から、サイクルスポーツセンターがマネージメントする「コンチネンタル・サイクリング・センター・修善寺(CCC修善寺)」のトレーニングキャンプに合計8回も参加して今回のメダル獲得に至りました。おめでとうSarah!! また、彼女は今大会の香港チャイナ選手団の旗手も務めいています。このほか、香港チャイナ3名、大韓民国2名、タイ王国1名のオリンピック選手がCCC修善寺のトレーニングキャンプに参加した経験があります。

Ms. Lee Wai Sze (Sarah) of Hong Kong China got a bronze medal for Keirin race at 2012 Olympic Games in London. She took part in our training camp organized by CCC Shuzenji 8 times since she was 16 years old. Congratulations Sarah!! Also, she served a flag-bearer for Hong Kong China in the opening ceremony. In addition, total 6 Olympians (HKG 3, KOR 2, THA 1) have experience to take part in our training camp.

2008.3.21 国際自転車競技連合(UCI)会長であるパトリック・マックエイド氏が、2008年3月21日にコンチネンタル・サイクリング・センター・修善寺(CCC修善寺)を訪れました。
彼は、我々と今後の協力体制について話をした後、施設内を見学されました。

Mr.Patrick McQuaid who is president of Union Cycliste Internationale ( UCI ) visited to Continental Cycling Center Shuzenji ( CCC Shuzenji ) on 21st March 2008. He talked with us about a good cooperative framework in the future, after that he saw our facilities.


2006.9.26

Notice for ‘CCC Shuzenji’ Second Training CampAcceptance for 2006 Fiscal Year

We, Continental Cycling Center Shuzenji will hold training camp at Shuzenji Japan as the following detail.

Camping Period; from 30th October 2006 to 12tNovember 2006
The above period include arrival and departure date.
Camping Event; Limited to track
Others; Participants of this camp must be recommended by your National Federation.
And if you have any question, please do not hesitate to contact us anytime.

Apply to; Continental Cycling Center Shuzenji
1826 Ohno, Izu-city,  Shizuoka -pre, JAPAN  410-2402
Tel; +81-558-79-0004  Fax; +81-558-79-0036  E-mail; acccj@csc.or.jp